佐竹義郷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
佐竹義郷
時代 室町時代前期
生誕 不詳
死没 不詳
別名 上総介(受領名
氏族 山入佐竹氏
父母 父:佐竹与義
兄弟 義郷祐義
義信
テンプレートを表示

佐竹 義郷(さたけ よしさと)は、室町時代前期の武将

略歴[編集]

佐竹与義の長男。山入氏常陸守護佐竹氏の一族であるが、宗家との折り合いが悪く抗争に明け暮れており、応永29年(1422年)に父・与義は宗家の義人に攻められ死亡している[1]。義郷は父の死後に山入氏を継いだが、応永年間に常陸国久慈郡松平(現在の茨城県常陸太田市松平町)に松平城を築城したこと以外事跡が明らかになっておらず、程なくして隠居または死去したものとみられる。義郷の子には義信がいたが、幼少のためか山入佐竹氏の家督は弟の祐義が継承した。

出典[編集]

関連項目[編集]