山内久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
やまのうち ひさし
山内 久
別名義 田中啓一
鈴木敏郎
生年月日 (1925-04-29) 1925年4月29日
没年月日 (2015-09-29) 2015年9月29日(90歳没)
出生地 日本の旗 日本・東京府〈現・東京都
死没地 日本の旗 日本・東京都
民族 日本人
職業 脚本家
活動期間 1950年 - 2000年
配偶者 立原りゅう
著名な家族 父:山野一郎
兄:山内明
弟:山内正
義父:野田高梧
義弟:小杉太一郎
姪:山内美郷
テンプレートを表示

山内 久(やまのうち ひさし、1925年4月29日 - 2015年9月29日)は東京府〈現・東京都〉出身の脚本家

父は弁士山野一郎(本名:山内幸一)、兄は俳優山内明、弟は作曲家山内正、妻は脚本家野田高梧の娘で脚本家の立原りゅうである。作曲家小杉太一郎は義弟(妹の夫)、エッセイスト山内美郷は姪(兄の子)にあたる。

脚本を担当した「幕末太陽伝」(日活、1957年)の公開時はまだ松竹に在籍していたため、「田中啓一」というペンネームを使用しており、「盗まれた欲情」「果しなき欲望」(共に日活、1958年)の際には「鈴木敏郎」というペンネームを使用している。

人物[編集]

主な脚本作品[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 若者たち」(フジテレビ、1967年)
  • なかよし」(フジテレビ、1967年-1968年)
  • 「みつめいたり」(フジテレビ、1968年)
  • 「かあさんの明日」(フジテレビ、1974年)
  • 「堂々たる打算」(NHK、1976年)
  • 素直な戦士たち」(NHK、1979年)
  • 復活」(NHK、1981年)
  • 「街・若者たちは今」(NHK、1982年)
  • 「街~美ら島は、今」(NHK、1983年)
  • 生きる」(テレビ朝日、1981年)
  • 「うまい話あり」(NHK、1986年)
  • 「ビジネスマンの父より息子への30通の手紙」(NHK、1990年)
  • 新・半七捕物帳」(NHK、1997年)

ほか

映画[編集]

  • 「花のおもかげ」(松竹、1950年)
  • 「離婚結婚」(松竹、1951年)
  • 「この春初恋あり」(松竹、1952年)
  • 夏子の冒険」(松竹、1953年)
  • 「ひばりの悲しき瞳」(松竹、1953年)
  • 「裸形家族」(松竹、1954年)
  • 「俺は死なない」(松竹、1956年)
  • 幕末太陽傳」(日活、1957年)
  • 「盗まれた欲情」(日活、1958年)
  • 坊っちゃん」(松竹、1958年)
  • 「果しなき欲望」(日活、1958年)
  • 未婚」(歌舞伎座、1959年)
  • 「晴れて今宵は」(松竹、1959年) ※原作
  • 「ハイ・ティーン」(松竹、1959年)
  • 「明日への盛装」(松竹、1959年)
  • 「「キャンパス110番」より 学生野郎と娘たち」(日活、1960年)
  • 豚と軍艦」(日活、1961年)
  • 水溜り」(松竹、1961年)
  • 「母あちゃん海が知ってるよ」(日活、1961年) ※原作
  • 運が良けりゃ」(松竹、1966年)
  • 「若者たち」(俳優座・新星映画、1967年)
  • 「若者は行く -続若者たち-」(俳優座、1969年)
  • 私が棄てた女」(日活、1969年)
  • 「若者の旗」(俳優座、1970年)
  • 朝やけの詩」(俳優座・東宝、1973年)
  • わが青春のとき」(大映・俳優座、1975年)
  • 「天保水滸伝 大原幽学」(大映、1976年)
  • 聖職の碑」(東宝、1978年)
  • 「アッシイたちの街」(大映、1981年)
  • あゝ野麦峠 新緑篇」(東宝、1982年)
  • 「ブンナよ木からおりてこい(ダックスインターナショナル、1987年)
  • 「エイジアン・ブルー 浮島丸サコン」(シネマ・ワーク、1995年)

著書[編集]

  • 「若者の旗」共著:立原りゅう(文理書院、1970年)
  • 「アッシィたちの街」(汐文社、1981年 同時代叢書)
  • 「街〜若者たちは、今〜」(汐文社、1982年 同時代叢書)
  • 「街〜美ら島は、今〜」(汐文社、1983年 同時代叢書)
  • 「若者たち〜時代を駆けぬけた熱い青春がいま、甦る〜」(汐文社、1984年 同時代叢書)
  • 「私も戦争に行った」(岩波書店、2000年 岩波ジュニア新書)

脚注[編集]

  1. ^ 訃報:山内久さん90歳=脚本家 Archived 2015年10月1日, at the Wayback Machine. 毎日新聞 2015年9月30日閲覧