山内之豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山内 之豊(やまうち ゆきとよ、寛永14年(1637年) - 元禄4年4月29日1691年5月26日))は、江戸幕府旗本。麻布山内家2代。土佐藩山内忠義の五男。幼名は梅助。通称は源左衛門、式部。初め安豊と名乗る。。兄に山内忠義山内忠豊山内一安。子に豊則、豊房、大森頼隆室、石河貞名室、豊清(養子、山内豊明の子)、根来正国室。

兄の一安が万治3年(1660年)25歳で早世したため、その家督を継ぎ寄合に列する。元禄4年(1691年)に没し、養子の豊清が家督を継ぐ。法名は道徹、墓所は東京都港区曹渓寺