山内嘉弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山内 嘉弘
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府摂津市
生年月日 (1966-02-15) 1966年2月15日(53歳)
身長
体重
180 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1987年 ドラフト2位
初出場 1988年6月14日
最終出場 1997年10月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

山内 嘉弘(やまうち よしひろ、1966年2月15日 - )は大阪府摂津市出身の元プロ野球選手(投手)。右投右打。

来歴・人物[編集]

大阪府立茨木東高校時代の1983年夏に、全国高等学校野球選手権大阪大会の準決勝で、当時強豪校として高校球界で名を馳せていたPL学園と対戦。7回まで1点リードでPL打線を無失点に抑えていたが、8回に清原和博(当時1年生)の安打から逆転を許した結果、金星を逃した。 高校卒業後に進学した近畿大学では、関西学生野球のリーグ戦で通算29試合に登板。14勝4敗、防御率1.45という成績を残したほか、4年時の春季リーグ戦では、5勝無敗で最優秀投手とベストナインに選ばれた。さらに、全日本大学野球選手権の関西地区代表決定戦で、大阪経済大学打線を相手に完全試合を達成している。 1987年のNPBドラフト会議で、阪急ブレーブスから2位指名を受けたことを機に入団。150km/h台の速球と落差の大きなフォークを武器に、阪急最後のシーズンだった1988年と、経営権の譲渡によってチーム名をオリックス・ブレーブスに変更した1989年にリリーフエースとして活躍した。その後は右肘を痛めて低迷したため、1994年のシーズン終了後に鈴木平との交換トレードでヤクルトスワローズに移籍。1997年の現役引退を機に、打撃投手としてオリックス(当時のチーム名はブルーウェーブ)へ復帰した。大阪近鉄バファローズの吸収合併によってチーム名をオリックス・バファローズに変更後の2006年からは、球団本部の育成グループで用具担当(二軍の用具係)を務めている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1988 阪急
オリックス
29 0 0 0 0 4 3 11 -- .571 205 47.2 45 6 17 4 1 31 1 0 16 12 2.27 1.30
1989 39 0 0 0 0 4 1 12 -- .800 240 58.1 47 5 28 2 0 35 5 0 22 21 4.29 1.29
1990 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 30 5.1 11 2 4 0 0 3 1 0 7 7 11.81 2.81
1992 9 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 62 13.1 13 2 9 0 1 7 0 0 7 5 3.38 1.65
1993 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 14 4.1 1 1 1 0 0 1 0 0 1 1 2.08 0.46
1994 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 12 1.1 7 1 1 0 0 0 0 0 6 5 33.75 6.00
1995 ヤクルト 10 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 77 16.0 20 5 9 1 0 14 1 0 20 20 11.25 1.81
1997 16 0 0 0 0 2 0 0 -- 1.000 102 22.2 23 4 11 3 2 19 1 0 14 13 5.16 1.50
通算:8年 110 0 0 0 0 10 5 23 -- .667 742 169.0 167 26 80 10 4 110 9 0 93 84 4.47 1.46
  • 阪急(阪急ブレーブス)は、1989年にオリックス(オリックス・ブレーブス)に球団名を変更

記録[編集]

背番号[編集]

  • 14 (1988年 - 1994年)
  • 40 (1995年 - 1997年)
  • 105 (1998年)

関連項目[編集]