山内志朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山内 志朗(やまうち しろう、1957年9月18日[1] - )は、日本の哲学研究者、慶應義塾大学文学部教授。山形県西村山郡西川町出身。 慶應義塾女子高等学校元校長。

人物[編集]

専門は中世哲学と紹介されることが多いが、山内自身の述懐によれば学生時代にはライプニッツを専攻しており、自らを指して「近世哲学の研究人[2]」、「中世哲学の専門家でもない者[3]」と言っている。スコラ学をはじめ、研究対象はグノーシス主義現代思想、現代社会論、コミュニケーション論身体論ミイラ修験道(出身地は修験道の盛んな地域である)など多岐にわたる。サブカルチャーにも造詣が深い。

経歴[編集]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『近代の源流としての普遍論争哲学書房, 1992
  • 『天使の記号学』岩波書店, 2001
  • 『ぎりぎり合格への論文マニュアル』平凡社新書, 2001
  • 『ライプニッツ なぜ私は世界にひとりしかいないのか』日本放送出版協会, 2003。(シリーズ・哲学のエッセンス)
  • 『笑いと哲学の微妙な関係 25のコメディーと古典朗読つき哲学饗宴』哲学書房, 2005
  • 『〈つまずき〉のなかの哲学』日本放送出版協会〈NHKブックス〉, 2007
  • 『〈畳長さ〉が大切です』岩波書店, 2007
  • 『存在の一義性を求めて ドゥンス・スコトゥスと13世紀の〈知〉の革命』岩波書店, 2011 
  • 『「誤読」の哲学 ドゥルーズフーコーから中世哲学へ』青土社, 2013 
  • 『小さな倫理学入門』慶應義塾大学出版会, 2015 
  • 『感じるスコラ哲学 存在と神を味わった中世』慶應義塾大学出版会, 2016
  • 『湯殿山の哲学 修験と花と存在と』ぷねうま舎, 2017
  • 『目的なき人生を生きる』角川新書, 2018

共編[編集]

  • 『イスラーム哲学とキリスト教中世』(全3巻)、竹下政孝共編 岩波書店 2011-12 
  • E・ジルソン 『キリスト教哲学入門 聖トマス・アクィナスをめぐって』 監訳・松本鉄平訳、慶應義塾大学出版会、2014

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.350
  2. ^ 山内志朗『普遍論争 近代の源流としての』平凡社ライブラリー、2008年1月10日、ISBN:978-4-582-76630-1、p311
  3. ^ 山内志朗『普遍論争 近代の源流としての』平凡社ライブラリー、2008年1月10日、ISBN:978-4-582-76630-1、p323

関連項目[編集]