山内晃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
山内 晃
やまうち あきら
生年月日 (1968-08-03) 1968年8月3日(52歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都港区
出身校 マサチューセッツ・ベイ・コミュニティ大学英語版 経営ビジネス学科卒業
前職 品川区議会議員
現職 東京都議会議員
所属政党自由民主党→)
都民ファーストの会
公式サイト 山内あきら 東京都議会議員 オフィシャルサイト

選挙区 品川区選挙区
当選回数 2回
在任期間 2013年7月23日 - 現職

当選回数 3回
在任期間 2006年10月8日 - 2013年6月14日
テンプレートを表示

山内 晃(やまうち あきら、1968年(昭和43年)8月3日 - )は、日本政治家東京都議会議員(2期)、都民ファーストの会政務調査会長

来歴[編集]

東京都港区生まれ[1]1987年(昭和62年)、日本大学三島高等学校卒業[1]1993年(平成5年)、マサチューセッツベイコミュニティー経営ビジネス学科卒業[1]

2年間のサラリーマン勤務を経て、議員秘書を務める[2]1997年(平成9年)、佐藤裕彦都議会議員(品川区選出)秘書[2][3]

2006年(平成18年)、品川区議会議員選挙補欠選挙に初当選。以後3期務める[2]

2013年(平成25年)、第18回東京都議会議員選挙品川区選挙区に自由民主党から出馬し、初当選[3]

2016年(平成28年)、都議会自民党を離脱し、同会派所属であった大場康宣、木村基成と会派「新風自民党」を結成し、幹事長に就任[4]2017年(平成29年)2月20日、木村基成と自民党都連を離党し、会派「新風自民党」も離脱した[5]

2017年7月、第19回東京都議会議員選挙品川区選挙区に都民ファーストの会公認で出馬し、当選[3]。同年7月11日、都民ファースト政務調査会長就任[6]

2020年12月に新型コロナウイルスに感染、その後の後遺症により議員活動に支障を来たしたとして2021年7月の都議会議員選挙には出馬せず引退すると発表した[7]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
党職
先代:
新設
都民ファーストの会政務調査会長
初代:2017年 - 2019年
次代:
山田浩史