山内継喜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山内継喜

山内 継喜(やまうち つぐよし[1]1897年明治30年)1月[2] - 1973年昭和48年)12月26日[3])は、日本の内務警察官僚政治家。官選山形県知事陸軍司政長官、初代勝山市長

経歴[編集]

福井県大野郡荒土村(現:勝山市荒土町境)[3]で、山内喜一郎の長男として生まれる[2]第四高等学校を卒業[4]1920年10月、高等試験行政科試験に合格。1921年東京帝国大学法学部政治学科を卒業。内務省に入省し青森県属となる[2][4]

1923年警視庁警視となる。以後、板橋警察署長、大塚警察署長、本富士警察署長、警視庁監察官、台湾総督府事務官、青森県書記官警察部長、岐阜県書記官・警察部長、山口県書記官・警察部長、宮城県書記官・警察部長、京都府書記官・警察部長、愛知県書記官・総務部長などを歴任[1][2]

1940年8月24日、山形県知事(「山形県知事一覧」参照)に就任。戦時体制の整備に尽力[1]1942年7月7日、陸軍司政長官に発令され[5]、同年8月15日、第16軍軍政監部付・ジョグジャカルタ侯地事務局長官に就任[2][6]1944年12月29日、スマラン州知事に転任し、1945年10月13日まで在任した[7]

戦後公職追放となる[4]1954年9月に勝山市が発足し、同年10月15日初代市長に就任。1958年10月に再選され市長を二期務めた。1956年、勝山市が財政再建団体の指定を受け、財政の健全化に尽力。雁が原スキー場の開設など観光資源の開発を進めた。その他、勝山市立北部中学校の開校、消防本部・消防署の設置、伊勢湾台風第2室戸台風被害の復旧などに取り組んだ。1962年10月14日、任期満了で市長を退任[8]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『新編日本の歴代知事』201頁。
  2. ^ a b c d e 『人事興信録』第14版 下、ヤ51頁。
  3. ^ a b 『広報かつやま』№212、1頁。
  4. ^ a b c 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』229頁。
  5. ^ 『官報』第4647号、昭和17年7月8日。
  6. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』140頁。
  7. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』139頁。
  8. ^ 『日本の歴代市長』第2巻、231頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第2巻、歴代知事編纂会、1984年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第14版 下、1943年。
  • 『広報かつやま』№212、勝山市役所、1974年2月1日。