山口一太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山口 一太郎(やまぐち いちたろう、1900年9月10日 - 1961年2月2日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍大尉。 東京の出身。二重映像合致式のレンズ距離計では、いくつかの開発がある。

略歴[編集]

親族[編集]

関連項目[編集]

脚註[編集]

  1. ^ a b c 『カメラと戦争 光学技術者たちの挑戦』p51-56
  2. ^ 中田整一『盗聴 二・二六事件』P.36-40
  3. ^ 松本清張昭和史発掘9』P.134
  4. ^ 「嵐のあとさき、一丁二六事件の起きるまで」、『時論』昭和二四年八月号

参考文献・ウェブサイト[編集]

  • 小倉磐夫『カメラと戦争 光学技術者たちの挑戦』(『アサヒカメラ』連載「Dr.オグラの写進化論」1989年7月号~を抜粋、加筆) 1994年 朝日新聞社 ISBN 4023303119