山口佳三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山口 佳三(やまぐち けいぞう、 1951年1月12日- )は、日本の数学者、前北海道大学総長[1]中部大学教授。専門は微分幾何学(特に、パラボリック幾何学および二階の接触幾何学)。大阪府出身。

略歴[編集]

略歴は以下の通り[2]

学歴[編集]

職歴[編集]

  • 1978年04月 - 北海道大学理学部助手
  • 1984年07月 - 北海道大学理学部講師
  • 1988年04月 - 北海道大学理学部助教授
  • 1993年11月 - 北海道大学理学部教授
  • 1995年04月 - 北海道大学大学院理学研究科教授(大学院重点化による)
  • 1999年04月 - 北海道大学総長補佐(2001年3月まで)
  • 2001年06月 - 北海道大学評議員(2003年5月まで)
  • 2004年04月 - 北海道大学役員補佐(2007年3月まで)
  • 2006年03月 - 北海道大学大学院理学研究院教授(改組による)
  • 2007年04月 - 北海道大学大学院理学研究院長・理学院長・理学部長(2011年3月まで)
  • 2011年04月 - 北海道大学理事・副学長(2013年3月まで)
  • 2013年04月 - 北海道大学総長(2017年3月まで)
  • 2017年04月 - 中部大学創発学術院客員教授[3]、北海道大学名誉教授

主な著書・編著[編集]

  • 『積分』(上見練太郎ほか共編、共立出版、1995年初版/2014年改訂版)
  • 『微分』(上見練太郎ほか共編、共立出版、1995年初版/2014年改訂版)
  • 『持続可能な未来のために2』(吉田文和ほか共編、北海道大学出版会、2014年)

脚注[編集]

[ヘルプ]