山口幸洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

山口 幸洋(やまぐち ゆきひろ、1936年(昭和11年) - 2014年(平成26年))は日本方言学者。元・静岡大学教授。博士(文学)大阪大学、1999年)[1]

人物・来歴[編集]

静岡県新居町生まれ[2]。1954年に静岡県立浜松商業高等学校を卒業した後、家業に従事する傍ら、日本全国の方言を研究する[2]。1985年、「新居町の方言体系」(『新居町史』第3巻所収)で第4回新村出賞受賞[3]。1992年、静岡大学人文学部講師。1998年、同大学を教授で退官[2]

日本語の方言、とりわけ静岡県の方言を専門としている。また、東京式アクセントの成立過程に関して、従来説とは異なる新たな見解を提唱している(東京式アクセント#歴史参照)。

主な著書[編集]

  • 『日本語東京アクセントの成立』(港の人、2003年)
  • 『方言・アクセントの謎を追って』(悠飛社、2002年)
  • 『椿の局の記 - 近代文芸社新書』(近代文藝社、2000年)
  • 『しずおか方言風土記』(静岡新聞社、1999年)
  • 『日本語方言一型アクセントの研究』(ひつじ書房、1998年)
  • 『オサンドンという名の鳥 - ことばの歴史を求めて』(近代文藝社、1994年)
  • 『静岡県の方言』(静岡新聞社、1987年)
  • 『方言から見た東海道』(秋山書店、1982年)

記念論文集[編集]

  • 山口幸洋博士の古希をお祝いする会(編)『方言研究の前衛 - 山口幸洋博士古希記念論文集』(桂書房、2008年)

出典[編集]

  1. ^ 博士論文「日本語方言一型アクセントの研究」書誌詳細”. 国立国会図書館. 2015年4月12日閲覧。
  2. ^ a b c 『方言・アクセントの謎を追って』著者紹介”. e-hon. 2015年4月12日閲覧。
  3. ^ 新村出賞受賞者一覧”. 新村出記念財団. 2015年4月12日閲覧。