山口弘達

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
山口 弘達
Hiroyoshi Yamaguchi.jpg
時代 江戸時代末期(幕末) - 昭和時代
生誕 万延元年3月23日1860年4月13日
死没 昭和7年(1932年7月18日
改名 長次郎(幼名)、弘達
諡号 君道
戒名 文山薫心石弘達院
墓所 東京都港区南麻布の曹渓寺
官位 従五位下、正五位、従五位、従四位、
正四位、従三位、正三位従二位周防
幕府 江戸幕府
常陸国牛久藩
氏族 山口氏
父母 父:山口弘敞、母:本多忠升の娘
正室:土井利善の娘、継室:本庄宗武の娘
弘徳(長男)、米倉昌達(3男)、重鑑(4男)、重虎(5男)、重秋(6男)ら

山口 弘達(やまぐち ひろよし)は、常陸牛久藩の第12代(最後)の藩主。のちに子爵

来歴[編集]

万延元年(1860年)3月23日、第11代藩主山口弘敞の長男として生まれる。文久2年(1862年)8月6日、父が死去したため、わずか3歳で家督を継いだ。慶応4年(1868年)2月20日、幼少のために重臣を上洛させて、恭順の姿勢を示した。戊辰戦争で藩は新政府に与し、龍ヶ崎水海道へ出兵する。同年10月5日、上洛する。明治2年(1869年)の版籍奉還藩知事(家禄370石)となり、明治4年(1871年)7月の廃藩置県で免官となり、11月まで牛久県知事を務めた。

明治5年(1872年)、旧藩の債務のうち2779両を私債として引き受ける。明治17年(1884年)、子爵。以後、学習院の教授を務める。明治23年7月、貴族院議員に選ばれる。大正14年(1925年)7月まで5期務めた。昭和7年(1932年)7月18日に死去した。享年73。

日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
牛久山口家初代
1884年 - 1932年
次代:
山口弘行