山口政信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
山口 政信
基本情報
出身地 日本の旗 日本大阪府
生年月日 1916年5月5日
没年月日 1976年3月22日(満59歳没)
身長
体重
177 cm
69 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手内野手
プロ入り 1936年
初出場 1936年
最終出場 1951年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
  • 土屋建設

山口 政信(やまぐち まさのぶ、1916年5月5日 - 1976年3月22日)は、大阪府出身の元プロ野球選手外野手内野手)。

来歴・人物[編集]

日新商業時代に甲子園に3度出場し、たちまち全国区の外野手となった。1935年末に日新商業を卒業すると、翌1936年には職業野球が設立された。設立されたばかりの各球団は選手の確保を目指したが、とりわけ大阪タイガースは甲子園に出場した有名選手の勧誘に熱心であり、山口もその中の一人としてタイガースに入団した。

初年度よりライトのレギュラーを獲得したが、当時のタイガースでは、藤村富美男景浦將御園生崇男といった投手達が、登板しない日には野手として出場していた。そのため、山口のポジションは先発投手によって左右される流動的なものであった。

しかし、1937年センター平桝敏男が軍に召集されると、俊足を生かした広い守備範囲と強肩を武器に空いたセンターに定着し、不動のレギュラーとなった。その結果、俊足と巧打を存分に発揮して、瞬く間にチームの主軸打者となった。同年秋、翌1938年春のリーグ連覇には、主に三番打者として大きく貢献した。

この間、1937年春に盗塁王を獲得し、打点数はリーグ2位となった上、同年春と秋には2期連続で最多四球1938年秋に外野手最多刺殺と、走攻守に渡ってリーグトップレベルの成績を残した。

一方、調子の波が激しく、好調時にはクリーンナップを任されるが、不調時には下位の打順を打つことも多かった。しかし、好調時にはファインプレーや好走塁、強打などを連発し、見るものを引き付ける華麗なプレーを見せた。特に、カーブ打ちの上手さは群を抜いており、打撃の神様川上哲治が真似たという。その強烈な印象から、メジャーリーグの強打者ジョー・ディマジオになぞらえて和製ディマジオと呼ばれ、景浦と並んでチームを代表するスター選手となった。

しかし、1938年末に応召し、1942年に復帰してからは、それまでの豪快なプレーは見られなくなり、しだいにレギュラーの座を失った。戦争による外傷は特になかったが、体調面、精神面での負担が大きく影響したものと考えられる。

1943年末には2度目の応召があり、1946年の復帰時には既に外野は守れなくなっていた[要出典]ため、ファーストの控えとなった。さらにダイナマイト打線と呼ばれる藤村、別当薫金田正泰土井垣武本堂保次らを中心としたかつてない強力打線が結成されたことで、山口の存在は軽視されるようになった。そのため、少人数でのチーム編成を望む若林忠志監督の意向により、1947年を最後に引退した。

引退後は、実業団である土屋建設の監督兼選手としてプレーしていたが、1950年からは同年設立された広島カープの選手としてプロ野球に復帰した。このときの広島監督は、山口の全盛期に大阪タイガース監督を務めた石本秀一監督であり、山口は、1951年9月12日には、古巣阪神戦で球団初のサヨナラ本塁打を放つなど、新球団広島を引っ張るベテラン選手として活躍した。

1951年に再び引退すると、2度とプロ野球界に復帰することはなく、1976年に59歳で死去した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1936春夏 大阪
阪神
13 46 39 10 13 1 1 2 22 6 2 -- 2 -- 5 -- 0 5 -- .333 .409 .564 .973
1936 31 127 107 14 25 2 1 0 29 11 4 -- 1 -- 19 -- 0 16 -- .234 .349 .271 .620
1937 54 233 168 48 44 8 6 1 67 44 29 -- 3 -- 60 -- 2 19 -- .262 .461 .399 .860
1937 48 228 179 41 49 4 2 2 63 25 14 -- 1 -- 48 -- 0 26 -- .274 .427 .352 .779
1938 33 156 117 23 35 3 1 0 40 8 5 -- 3 -- 36 -- 0 17 -- .299 .464 .342 .806
1938 37 161 131 23 34 4 2 0 42 22 12 -- 2 -- 28 -- 0 27 -- .260 .390 .321 .711
1942 40 154 127 15 29 2 1 1 36 11 9 3 1 -- 25 -- 1 18 -- .228 .359 .283 .643
1943 56 232 193 22 34 5 2 1 46 16 13 5 1 -- 36 -- 2 24 -- .176 .312 .238 .550
1946 28 66 63 7 10 1 0 0 11 9 3 1 0 -- 3 -- 0 9 -- .159 .197 .175 .372
1947 43 117 95 11 16 1 0 1 20 12 0 2 0 -- 22 0 0 8 -- .168 .325 .211 .535
1950 広島 48 201 182 17 47 4 4 1 62 11 5 0 0 -- 19 -- 0 22 6 .258 .328 .341 .669
1951 81 285 259 27 66 11 4 2 91 31 5 2 2 -- 23 -- 1 37 4 .255 .318 .351 .669
通算:9年 512 2006 1660 258 402 46 24 11 529 206 101 13 16 -- 324 -- 6 228 10 .242 .368 .319 .687
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 大阪(大阪タイガース)は、1940年途中に阪神(阪神軍)に球団名を変更

タイトル[編集]

背番号[編集]

  • 8(1936年 - 1947年)
  • 4(1950年)
  • 12(1951年)

関連項目[編集]