山口玉三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山口 玉三郎(やまぐち たまさぶろう、1956年8月1日 - )はギタリストピアニスト作曲家編曲家。O型。兵庫県出身。

来歴[編集]

中学3年より高校2年まで高知県の居合師範の家(曽祖父は山内容堂の居合師範、谷村亀之丞[1])に住込みで剣の修業を積み、実は長谷川英信流谷村派の跡取りとなったにもかかわらず、高2の夏実家に逃げ帰り、以後「刀をギターに持ち替え」音楽の道を歩む。 高校生時代に青木しげひさと『KanKan Boys』結成 バンジョーもこの頃から青木に教わり弾き始める。 高校卒業後、尚美音楽院のJazz Guitar科、細野義彦に師事。

20歳のとき「三田ひろしとC'ROCKS ROAD」に入りプロ活動を始める。 この時一緒に入ったのがギタリスト岩田浩史(実は高校の時からの知り合い)であった。

1989年、KEIKO WALKER BAND(当時HOT STREET BAND)に参加。 ジプシースイングの「東京ホット倶楽部バンド」ではコンサートやレコーディングに参加し、「ジャンゴ・ラインハルト・フェスティバル」や 南フランス、アルジャレスの城で行われたコンサートにてミシェル・ルグランとジョイント。

そののち日本で初めてのプロCountry singer黒田美治の他、クロード・チアリ、パトリック・ヌジェ、マイク眞木バンドをサポート。

現在は「Telecaster's club band」のギター、ボーカルを担当。


作曲家としての活動も著しく、1985年茨城県で開催された国際科学技術博覧会(通称:科学万博つくば'85)では、パビリオンのひとつ「電力館」のサブ会場(1階)の音楽監督を務め、当時では斬新であった3D映像を楽しむアトラクションなどの音楽を担当。尚、同メイン会場(2階)の音楽監督は冨田勲氏であった。

同じ頃、グアム政府観光案内のテレビCMや、当時フジテレビ系列で放映されていたゴールデン洋画劇場のエンディング曲も担当。そのほか海の科学館(香川県)などの総合音楽監督を任せられている。

作曲には自身の得意な楽器以外にサンプラーなども駆使し、作る曲のジャンルはロック、ジャズ、クラシック、日本の伝統音楽、アンビエントな曲調のものまで多岐にわたる。 また海外での音楽活動の経験から民族音楽の知識に長け、その能力はアレンジャーとしての仕事にも発揮されている。


人物[編集]

・幼少時は子役モデルをしており、サンスターグリコ、サンヨー、藤沢薬品各社のポスターやCMに起用されていた。サンスターでは中村錦之助と共演。

・何事にもギャップを大切にしている。

脚注[編集]