この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

山口珠李

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山口 珠李
Shuri Yamaguchi
埼玉上尾メディックス  No.24
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1998-09-02) 1998年9月2日(21歳)[1]
出身地 日本の旗 埼玉県行田市[1]
ラテン文字 Shuri Yamaguchi
身長 176cm[1]
体重 69kg[1]
選手情報
所属 埼玉上尾メディックス
愛称 シュリ
ポジション WS
指高 222cm[1]
利き手
スパイク 292cm[2]
ブロック 280cm[2]
テンプレートを表示

山口 珠李(やまぐち しゅり、女性、1998年9月2日 - )は日本バレーボール選手である[1][2]V.LEAGUE Divison1の上尾メディックスに所属している[3][4]

来歴

埼玉県行田市出身[1]。「高身長がコンプレックスにならないように」と小学2年次からバレーボールを始めた[4]下北沢成徳高等学校に進学した当時はセンタープレーヤーとして[5]インターハイ優勝、春高二連覇に貢献。2017年の春高では優秀選手賞を獲得した[6]

一方、2014年には全日本ユース代表となり[7]タイナコンラチャシマで開催された第10回アジアユース選手権に優勝[8]。翌年の世界ユース選手権にも出場した。2016年からはジュニア代表となり[9]、7月のアジアジュニア選手権で準優勝[10]。翌2017年7月に開催された第19回世界ジュニア選手権でも銅メダル獲得に貢献した[11]

2017年3月、V・チャレンジリーグI(=当時)の上尾メディックスは山口、堀江ら4選手の入団内定を発表した[12]。上尾入団後はセンターからウィングスパイカーに転向した[3]。11月25日の対久光製薬戦に第1セット途中から出場して13得点(アタック11点、サービスエース2点)をあげてVプレミアリーグデビューを果たした[13]

球歴

  • 全日本ユース代表 - 2014-2015年
    • アジアユース選手権 2014年(優勝)
    • 世界ユース選手権 2015年(9位)
  • 全日本ジュニア代表 - 2016-2017年
    • アジアジュニア選手権 2016年(準優勝)
    • 世界ジュニア選手権 2017年(3位)

所属チーム

受賞歴

個人成績

Vプレミアリーグレギュラーラウンドにおける個人成績は下記の通り[14]

シーズン 所属 出場 アタック ブロック サーブ レセプション 総得点 備考
試合 セット 打数 得点 決定率 効果率 決定 /set 打数 エース 得点率 効果率 受数 成功率
2017/18 上尾/埼玉上尾 13 32 126 49 38.9% % 1 0.03 91 5 % 10.4% 48 37.9% 55
2018/19 % % % % %

脚注

  1. ^ a b c d e f g 選手詳細”. Vリーグ機構. 2017年12月4日閲覧。
  2. ^ a b c Player”. FIVB. 2017年12月4日閲覧。
  3. ^ a b 山口珠李”. 上尾メディックス. 2017年12月4日閲覧。
  4. ^ a b 「月刊バレーボール」2017年12月臨時増刊 93ページ
  5. ^ 出場校紹介”. フジテレビ. 2017年12月4日閲覧。
  6. ^ 日程・結果”. フジテレビ. 2017年12月4日閲覧。
  7. ^ 全日本メンバー”. 日本バレーボール協会. 2017年12月4日閲覧。
  8. ^ 第10回アジアユース 女子選手権大会(U-17)-試合結果”. 日本バレーボール協会. 2017年12月4日閲覧。
  9. ^ 全日本メンバー”. 日本バレーボール協会. 2017年12月5日閲覧。
  10. ^ 試合結果”. 日本バレーボール協会. 2017年12月5日閲覧。
  11. ^ 試合結果”. 日本バレーボール協会. 2017年12月5日閲覧。
  12. ^ 選手入団のお知らせ”. 上尾メディックス. 2017年10月31日閲覧。
  13. ^ 試合結果速報”. Vリーグ機構. 2017年12月5日閲覧。
  14. ^ Vリーグ機構. “選手別成績”. 2018年7月22日閲覧。