山口益

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山口 益(やまぐち すすむ、1895年1月27日 - 1976年10月21日)は、仏教学者大谷大学教授・学長。京都府京都市生まれ。

経歴[編集]

1918年大谷大学卒業。1927年より29年にフランスに留学、梵語チベット語等を学んだ。チベット大蔵経大乗仏典などの原典文献を研究。1933年大谷大学教授、1943年に京都大学文学博士 「仏教に於ける無と有との対論」。1950年より1958年まで大谷大学学長を経て、名誉教授。1955年から1961年の間に、『北京版西蔵大蔵経』を影印刊行(鈴木学術財団刊)し、チベット語文献を用いてインド大乗仏教を研究する「仏教チベット学」を提唱した。京都産業大学教授。1962年紫綬褒章1964年文化功労者1965年日本学士院会員。1972年真宗大谷派真宗教学研究所長。

著書[編集]

  • 『佛教に於ける無と有との對論』(山喜房佛書林、1941年、新装版1975年)
  • 中觀佛教論攷』(山喜房佛書林、1944年)
  • 世親成業論 善慧戒の註釋による原典的解明』(法藏館、1951年、新装版2011年)
  • 般若思想史』(法藏館、1951年、復刻版1999年)
  • 『世親の浄土論 無量寿経優波提舎願生偈の試解』(法藏館、1963年、再版1972年、新装版2011年)
  • の世界 龍樹から親鸞へ』(理想社、1967年/大法輪閣、2006年) ISBN 9784804612331
  • 『大乗としての浄土』(理想社、1968年/大法輪閣、2007年) ISBN 9784804612492
  • 『仏教思想入門』(理想社、1968年、新装版1981年、1995年) ISBN 4650101166
  • 『山口益仏教学文集 (上・下)』(春秋社、1972-1973年)
  • 『仏教学序説』 横超慧日安藤俊雄・舟橋一哉共著(平楽寺書店、1961年、新装版1981年) ISBN 9784831300461
  • 『仏教聖典』(編著、平楽寺書店、1974年) ISBN 9784831301864
  • 唯識二十論の対訳研究』佐々木月樵共著(国書刊行会、1977年)
  • 倶舎論の原典解明 世間品』舟橋一哉共著(法蔵館、1987年)
  • 『世親唯識の原典解明』野澤靜證共著(法蔵館、新装版2011年)

論文[編集]

先代:
藤岡了淳
大谷大学学長
第15代:1950-1958
次代:
正親含英