山口県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
やまぐちけん
山口県
元乃隅稲荷神社 (33131861841).jpg
山口県の旗
山口県旗
日本の旗 日本
地方 中国地方
山陽地方山陰地方
中国・四国地方
団体コード 35000-1
ISO 3166-2:JP JP-35
面積 6,112.53km2
総人口 1,368,495
推計人口、2018年10月1日)
人口密度 224人/km2
隣接都道府県 島根県広島県福岡県大分県
県の木 アカマツ
県の花 夏みかんの花
県の鳥 ナベヅル
他のシンボル 県の魚:フグ
県の獣:ホンシュウジカ
県の歌:山口県民の歌
山口県庁
知事 村岡嗣政
法人番号 2000020350001
所在地 753-8501
山口県山口市滝町1番1号
北緯34度11分10秒東経131度28分13.8秒座標: 北緯34度11分10秒 東経131度28分13.8秒
山口県庁
外部リンク 山口県
山口県の位置

山口県行政区画図

― 市 / ― 町

ウィキポータル 日本の都道府県/山口県
 表示 ウィキプロジェクト

山口県(やまぐちけん)は、日本の一つ。中国地方を構成する五県(中国五県)のうちの一つで、九州地方との連接点となっている。

目次

概要[編集]

山口県政資料館(旧山口県庁舎)

本州最西端に位置しており、三方を海に囲まれている。県土の大半は山陽地方に含まれ、北浦地区萩市長門市など)が山陰地方の西端に当たるとされる。県庁所在地は県央部の山口市であるが、県内最大の都市は県西端に位置する下関市となっている。また、県西部(下関市・宇部市など)は福岡県との繋がりが密接であり、県東部(岩国市など)は広島県との繋がりが密接である(詳細は後述)。

令制国長門国周防国に相当するので、防長(ぼうちょう)という別名を持つ。周防国と長門国は後に毛利氏によって統治され、江戸時代には併せて長州藩と称していたことから、長州(ちょうしゅう)と呼ばれることもある。

県魚に指定されているふぐは南風泊市場(下関市)が日本一の市場取扱量を占める。地元や周辺地域では、主に取扱業者やマスコミなどが縁起を担いでフグとは呼ばず「ふく」と呼ぶ(ふぐが「不遇」に繋がり、ふくが「福」に繋がるためとされている)呼び方を定着させようとしている(下関とふく参照)。ふぐの他にも海産物の資源が豊富である。

地形・地域[編集]

地形[編集]

南側を瀬戸内海広島湾伊予灘周防灘)、西側と北側を日本海響灘)と、三方をに囲まれ、その中央部を中国山地が横断している。中国山地に水源を発する河川として、一級水系佐波川および小瀬川二級水系錦川椹野川厚東川木屋川阿武川等がある。平野部が小さく、瀬戸内側の一部(主要河川の河口部並びに周南地区)を除けば山に囲まれた谷底平野が多く存在する。

気候[編集]

外海と内海の両方に面し、中央部に山地が横たわるという地理的条件上、同じ県内でも気候には大きな違いが見られる。気候の特徴的に「瀬戸内海沿岸地域」「内陸山間地域」「日本海沿岸地域」に大きく分けられるが、年平均気温が12~16度、年平均降水量が1,600~2,300mmと比較的温暖であり、風水害や地震も比較的少ない[1]。ただし、梅雨期は広島県と同様に梅雨前線と暖湿流の影響で大雨となりやすい上、急傾斜地崩壊危険箇所等の数も広島県に次いで全都道府県で2位[2] であり、表層に堆積した真砂土による土砂災害が発生しやすく、近年でも平成21年7月中国・九州北部豪雨平成25年7月28日の島根県と山口県の大雨で被害を受けている地域がある。

このように、同じ県内でも地域ごとの気象傾向に差があることもあり、天気予報を発表する際の一次細分区域は「西部」「中部」「東部」「北部」の4つに設定されている(元々は「東部」「西部」「北部」の3区分だった)。2003年(平成15年)3月3日には気象に関する注警報・警報発表区域の細分化(二次細分区域の設定)が行われ、県内が7区域「西部」(豊田 / 下関・宇部)、「中部」(山口・防府 / 周南・北玖珂)、「東部」、「北部」(長門 / 萩・美祢)に細分化された。2007年(平成19年)3月1日には市町村合併を反映する形で二次細分区域が再編され、二次細分区域が8区域に再設定されている。

  • 現行の気象区分(2007年(平成19年)3月1日現在、カッコ内は二次細分区域)[3]
    • 山口県西部(下関 / 宇部・山陽小野田)
    • 山口県中部(山口・防府 / 周南・下松)
    • 山口県東部(岩国 / 柳井・光)
    • 山口県北部(長門 / 萩・美祢)

長らく県内の有人観測点は山口測候所・下関地方気象台の2箇所であったが、山口測候所は2010年10月1日を持って廃止され、現在は下関地方気象台のみとなっている。なお、下関地方気象台は福岡管区気象台の管轄であり、山口県は気象庁の予報区分では「九州北部地方(山口県含む)」として九州北部と同一の区域として扱われる。

自然公園[編集]

県内の国定公園指定地域である、秋吉台

山口の分類[編集]

上述の通り山口県は中国地方の一つに区分されるが、関門海峡・周防灘を挟んで九州に近接していることから、九州とのつながりも深い。

中国地方に組み込まれるもの[編集]

衆議院比例区(中国ブロック)、国土交通省中国地方整備局(下関の港湾空港部を除く)、中国運輸局NHK(中国)、ゆうちょ銀行中国エリア、NTTドコモエヌ・ティ・ティ・ドコモ中国)、全国高等学校総合体育大会<インターハイ>(中国大会)、選抜高等学校野球大会(中国・四国ブロック)、第6管区海上保安本部(岩国から防府までの周防灘)

九州地方に組み込まれるもの[編集]

気象区分(山口県を含む九州北部。山口県の気象状況を発表する下関地方気象台福岡管区気象台の管轄になるため)、国土交通省九州地方整備局(下関の港湾空港部)、第7管区海上保安本部(萩から下関までの日本海・響灘と、下関から宇部までの周防灘)。また、税関も県内の税関支所は全て門司税関の管轄である。

九州経済連合会は2006年に改称する以前には「九州・山口経済連合会」と称しており、改称後も下関市を中心に山口県に本社を置く企業・法人18社が加盟している[4]。 このほか、シーモール下関の核テナントの一つであった「ダイエー下関店」は九州地区の管轄であったため、県内他店舗が軒並み閉鎖される中でも閉店を免れていたが、2010年9月20日に閉店した。

地域圏[編集]

山口県 地域区分図

地形は、県中央部が山地で沿岸・山あいに小規模な平野や盆地が分散している。海岸線は臨海工業が立地して、それぞれの工場地区ごとに労働力を引き寄せた。また、幹線交通網である国道2号山陽本線も海岸線沿いに走っているため、物流・内陸工業の面でも労働力を引き寄せた。このような産業構造と分布をしているため、特定地域への人口・物流・資本・情報の一極集中は発生せず、多極分散型の地域構造となっている。

県庁所在地である山口市の県内他地域に対する求心力が低いこともあって、同市など県央地域よりも県外の地域との交流が深い自治体もある。県西部の下関市福岡県北九州市とともに関門都市圏の核都市となっており、宇部市山陽小野田市美祢市などが同都市圏に含まれるほか、県東部の岩国市和木町などは広島県広島市を核都市とする広島都市圏に含まれる。また、萩市の江崎・小川地区(旧・田万川町)や須佐・弥富地区(旧須佐町)などは島根県益田市との結び付きが強く、益田都市圏に含まれる。

都市圏[編集]

地域圏にはいくつかの区分方法が考えられるが、一例として山口県による 8つの広域都市圏 がある[5]。下関広域都市圏と長門広域都市圏は、広域都市圏内で合併が進み、圏内1市となった。以下に記載する人口は、2018年10月1日現在。なお、山口県の総人口は1,368,495人[6]

地区 広域都市圏
(通称;読み)
構成市郡 圏域人口
(人)
岩柳 岩国広域都市圏
(岩国・玖珂地域;いわくに・くが-)
岩国市玖珂郡
(1市1町)
138,481
柳井広域都市圏
(柳井・大島地域;やない・おおしま-)
柳井市熊毛郡大島郡
(1市4町)
77,105
周南 周南広域都市圏
(周南地域;しゅうなん-)
周南市下松市光市
(3市)
247,918
山防 山口・防府広域都市圏
(県央地域)
山口市防府市
(2市)
310,201
厚狭 宇部・小野田広域都市圏
(宇部・美祢地域;うべ・みね-/厚狭地域;あさ-)
宇部市山陽小野田市美祢市
(3市)
251,575
豊関 下関広域都市圏
(豊関地域;ほうかん-)
下関市(1市) 259,855
長北 長門広域都市圏
(長門大津地域;ながと・おおつ-)
長門市(1市) 33,570
萩広域都市圏
(萩地域)
萩市阿武郡
(1市1町)
49,790
  • 基本的に旧郡単位で広域都市圏の線引きがなされている(かつては複数の広域都市圏にまたがる旧郡も存在した)。ここでいう広域都市圏は、基本的に地域圏であって都市圏ではない。
  • 気象予報の二次細分区域は上記の広域都市圏と微妙に異なる。詳細は気候の項を参照。

基礎自治体[編集]

基礎自治体は、以下の13市・4郡・6町がある。山口県では、町はすべて「ちょう」と読む。村(「そん」と読む)は2006年(平成18年)3月20日本郷村の合併に伴って消滅している。

廃止された基礎自治体[編集]

2003年(平成15年)4月1日時点で存在し、平成の大合併により廃止された市町村は以下の通り。

歴史[編集]

県名の由来[編集]

廃藩置県の際、県庁が置かれた山口町(現・山口市)の町名がそのまま県名に採用された。「山口」という地名は、阿武郡にある「山の入り口」に由来する。山口弁では、県名は共通語と同じ「やぐち」、市名は「まぐち」とアクセントによる区別がある(後ろに「県」や「市」など接尾語が付く場合は、どちらも共通語と同じアクセントになる)[要出典]

先史[編集]

  • 今から約2万5千年前、鹿児島県錦江湾の奥にそびえる姶良火山が大爆発し、火山灰が1500キロも離れた本州の最北端津軽海峡まで降り注いだ。山口県周辺では50 - 70cm程度の堆積があった。
  • 古くは大陸文化の窓口として栄え、綾羅木郷遺跡土井ヶ浜遺跡などの弥生遺跡が多数残る
  • 現在の長門市油谷に世界三大美女のうちの一人といわれる楊貴妃が流れ着いたといわれる
  • 伊都都比古(いつつひこ)は防長地方で文献(『日本書紀』垂仁天皇二年条)に見える最初の人物であり、穴戸に大きな勢力を持つ豪族がいたことを示す伝承である。さらに防長地方が朝鮮半島に至るルートの中継地であったことを示すのが雄略天皇九年条である。これらの伝承から5世紀頃には防長地方は大和政権の勢力下に入っていたと考えられている。そして、各地の豪族は国造という地方行政官に任命された。「国造本紀」によれば、周防部で四国造、長門部で二国造の六国造が存在した。

古代[編集]

中世[編集]

近世[編集]

  • 慶長5年9月15日西暦1600年10月21日)の関ヶ原の戦いでは、中国地方全域を支配していた毛利氏は西軍に参加。毛利輝元が総大将となったが、毛利勢は一族の吉川広家徳川家康に内通したため戦闘に参加せず。西軍の敗戦後は吉川広家の取り成しで毛利家は改易を免れ、減封されて防長2州を領有。以後、幕末まで毛利氏の支配する土地となる。
    • 両国には長門国の萩藩(長州藩)・長府藩清末藩・周防国の徳山藩岩国領の5藩が成立、宇部福原氏館いずれの藩主も萩宗家を中心に団結していたが、岩国領と萩藩の関係は良くなかった。減封を吉川家の裏切りのせいと見る向きも多く、末家として独立した扱いを宗家がしなかったためである。
  • 天保9年(1838年) : 藩主毛利敬親に登用された村田清風による藩政改革が開始される
  • 文久3年(1863年) : 毛利敬親が山口に新たな藩庁を築いて移住。以後、長州藩(萩藩)は「山口藩」と称される。
  • 文久3年(1863年) - 文久4年/元治元年(1864年) : 下関戦争(馬関戦争)。外国船に発砲し、4国の連合軍による報復攻撃で馬関砲台などが一方的に壊滅状態となる。以後、藩の大勢は攘夷から開国路線に転じる。
  • 元治元年(1864年) - 慶応2年(1866年)2度にわたる江戸幕府の長州征伐。藩内部の権力闘争が続いていたが、第二次長州征伐では奇兵隊を率いた高杉晋作らの活躍で幕府軍を撃退。以後、尊皇倒幕で藩論を集約し、明治維新の原動力としてその名を残す。

近・現代[編集]

人口[編集]

山口県市町村人口増減率分布図(2005年度と2010年度国勢調査から算出)
増加
  10.0 % 以上
  7.5 - 9.99 %
  5.0 - 7.49 %
  2.5 - 4.99 %
  0.0 - 2.49 %
減少
  0.0 - 2.5 %
  2.5 - 5.0 %
  5.0 - 7.5 %
  7.5 - 10.0 %
  10.0 % 以上
Demography35000.svg
山口県と全国の年齢別人口分布(2005年) 山口県の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 山口県
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
山口県(に相当する地域)の人口の推移
1970年 1,511,448人
1975年 1,555,218人
1980年 1,587,079人
1985年 1,601,627人
1990年 1,572,616人
1995年 1,555,543人
2000年 1,527,964人
2005年 1,492,606人
2010年 1,451,338人
2015年 1,404,729人
総務省統計局 国勢調査より

政治・行政[編集]

国政[編集]

衆議院小選挙区が4。参議院では、全県で1区を構成する。

山口県と政治家[編集]

長州藩薩摩藩とともに明治維新を主導し、両藩の出身者は明治新政府の枢要な地位に就いた。薩摩が西南戦争で大打撃を受け多数の人材を失ったのに対し、総帥・木戸孝允亡き後の世代交代も順調で、明治時代を通じて形成された長州閥と呼ばれる政治的人脈は山口県出身の有力政治家を輩出し続ける土壌となった。その結果、山口県は大日本帝国憲法日本国憲法の両方の時代を通じて最も多くの首相(9人)を輩出する都道府県となった。こうした背景から、山口県は「大臣、大将を目指せ」という教育を施すような風土を持ち、政治色が強い土地柄となっている。選挙では概して保守系勢力(自由民主党)が強い支持を集める傾向があり、典型的な『保守王国』とも称される一方で、革新系の政治指導者も少なからず山口県から輩出しており、2010年(平成22年)に首相に就いた菅直人(16歳まで宇部市在住)は非保守系(非自民党系)では初の山口県出生の総理大臣となった(菅は東京選挙区から出馬している)。

戦後における山口県出身の有力政治家として、首相経験者では岸信介佐藤栄作兄弟と安倍晋三自民党総裁選出馬経験者では安倍晋太郎(元外務大臣で安倍晋三の実父[7])、林義郎(元大蔵大臣)、高村正彦(元外務大臣)、閣僚経験者では田中龍夫(初代山口県知事、元通産大臣)、佐藤信二(元運輸大臣で佐藤栄作次男)、河村建夫(元文部科学大臣、元内閣官房長官)、吹田愰(元自治大臣)、林芳正(現文部科学大臣)そのほかの国会議員経験者では重宗雄三(元参議院議長)、徳永正利(元参議院議長)、野坂参三(元日本共産党議長)、宮本顕治(元日本共産党議長)、松岡満寿男(元日本新党代表幹事)などがいる。

ただし、これらの人物が全て山口県の選挙区からの選出議員というわけではなく、参議院全国区比例区で選出された者(重宗・徳永・宮本)や、上京後に東京都の選挙区から選出された者(菅・野坂)、逆に東京生まれながら山口県の選挙区から選出された者(安倍晋三)もいる。

県政[編集]

歴代知事(公選)[編集]

  • 初代 田中龍夫(1947年4月5日 - 1953年3月24日、2期)
  • 2代 小澤太郎(1953年4月30日 - 1960年8月17日、2期)
  • 3代 橋本正之(1960年9月25日 - 1976年6月30日、4期)
  • 4代 平井龍(1976年8月22日 - 1996年8月21日、5期)
  • 5代 二井関成(1996年8月22日 - 2012年8月21日、4期)
  • 6代 山本繁太郎(2012年8月22日 - 2014年1月14日、1期)
  • 7代 村岡嗣政(2014年2月25日 - 現職、1期目)

議会[編集]

経済・産業[編集]

産業[編集]

山陽地方に当たる瀬戸内海側は、重化学コンビナートを中心とした工業と、高速道路網などを生かした流通業などが発展しており、瀬戸内工業地域の一角を成す。一方で、山陰地方に当たる日本海側は、農業漁業などの第一次産業観光業などのサービス産業が中心である。

かつては宇部・美祢で鉱業が盛んであり、宇部炭鉱 (宇部市) や大嶺炭鉱 (美祢市) で無煙炭を中心とした石炭が採掘されていた。いずれも現在は閉山しているが、県西部 (宇部市・山陽小野田市など) の重化学工業地域は元々この炭鉱を背景としている。現在美祢地区では石炭に代わって石灰石の採掘が行われており、セメントの製造企業が集中している。一方、周南・岩国などの東部では太平洋戦争当時の海軍燃料廠などに由来する石油精製コンビナートを展開、ソーダなど化学系の製品製造を主とする工業地域を形成している。

2017年度の一人あたりの県民所得は3125千円で全国9位。また、県内総生産は5兆7790億円で全国24位、製造品総出荷額は6兆5195億51百万円で全国18位、1事業所あたりの製造品出荷額は3229.1百万円で全国1位である。

経済圏は県内各地域に分散しており、経済産業省都市雇用圏の考え方に基づいた経済圏を以下の地域に設定し、その産業特性を以下のように分析している[8]

岩国経済圏(岩国市和木町・広島県大竹市
農林漁業、建設業、製造業、医療・福祉、複合サービス事業において産業の集積が見られ、特に製造業においては化学工業(三井化学など)、パルプ・紙・紙加工品製造業(日本製紙など)の特化係数が高い。
周南経済圏(下松市光市周南市田布施町
建設業、製造業、運輸・郵便業、生活関連サービス・娯楽業、複合サービス事業において産業の集積が見られ、特に製造業においては化学工業(トクヤマ東ソーなど)、鉄鋼業(新日鐵住金など)の特化係数が高い。
山口経済圏(山口市防府市
建設業、製造業、運輸・郵便業、生活関連サービス・娯楽業、教育・学習支援業、医療・福祉、複合サービス事業において産業の集積が見られ、特に製造業においては輸送用機械器具製造業(自動車関連=マツダなど)が大半を占める。
宇部経済圏(宇部市山陽小野田市
製造業、教育・学習支援業、医療・福祉において産業の集積が見られ、特に製造業においては化学工業(宇部興産など)、窯業・土石製品製造業(宇部興産・太平洋セメントなど)、電子部品・デバイス・電子回路製造業等の特化係数が高い。
下関経済圏(下関市
農林漁業(山口県漁協など)、製造業、運輸・郵便業、金融保険業(山口フィナンシャルグループなど)、学術研究・専門・技術サービス業、複合サービス事業において産業の集積が見られ、特に製造業においては輸送用機械器具製造業(主に造船=三菱重工業三菱重工業下関造船所など)、食料品製造業(主に水産加工品・林兼産業など)、金属製品製造業(暖房・配管機器=長府製作所神戸製鋼所など)、非金属製品製造業(ブリヂストンなど)に特色が見られる。
萩経済圏(萩市阿武町
農林漁業、建設業、電気・ガス・水道業、宿泊・飲食サービス業、医療・福祉、複合サービス事業において産業の集積が見られる。

主な企業[編集]

山口県内に本社・本店・本部を置く東証一部上場企業[編集]

山口県内に生産拠点を置く主な企業[編集]

山口県発祥の企業[編集]

このほか、かつての財閥の一つである日産コンツェルンの創業者たち(鮎川義介久原房之助ら)は山口県出身であり、日産コンツェルンの流れをくむ複数の企業の生産拠点が山口県に残っている。

交通[編集]

鉄道[編集]

警察[編集]

警察署[編集]

道路[編集]

高速道路・自動車専用道路[編集]

国道・県道[編集]

1963年(昭和38年)の山口国体開催にあたり、県管理道路(県道と一部の国道)のガードレールを特産の夏みかんにちなんだ黄色にしようということになった。それ以来県道のガードレールには黄色いものが使われている。

バス事業者[編集]

航空[編集]

主要港湾[編集]

山口県の主要港湾は下関港徳山下松港(以上国際拠点港湾)、岩国港宇部港三田尻中関港、小野田港である。

航路[編集]

国際フェリー[編集]

国内フェリー[編集]

かつては下関市の彦島荒田港と北九州市小倉北区の日明港を関門海峡フェリーが結んでいた。

その他の航路[編集]

  • 柱島航路(岩国市)
  • 端島航路(岩国市)
  • 黒島航路(岩国市)
  • 浮島航路(周防大島町)
  • 前島航路(周防大島町)
  • 情島航路(周防大島町)
  • 平郡航路(柳井市)
  • 祝島航路(上関町)
  • 馬島航路(田布施町)
  • 牛島航路(光市)
  • 大津島・馬島・黒髪島航路(周南市)
  • 野島航路(防府市)


医療・福祉[編集]

岩国、柳井、周南、山口・防府、萩、宇部・小野田、長門、下関の8つの二次医療圏が設定されている。

山口県内における三次救急指定医療機関としては、以下の4つがある。

なお、萩医療圏と長門医療圏の全域では、これら4機関への自動車での移動が1時間を越えるため、医療体制や交通網の整備が課題となっている。

教育機関[編集]

国立大学 (1校)

  • 山口大学国立大学法人
    • 山口大学 吉田キャンパス(山口市)
    • 山口大学 常磐キャンパス(宇部市)
    • 山口大学 小串キャンパス(宇部市)

公立大学 (3校)

私立大学短期大学 (11校)

高等専門学校 (3校)

中等教育学校 (1校)

省庁大学校 (1校)

農林水産省所管、国立研究開発法人水産研究・教育機構法に基づく省庁大学校)

マスメディア[編集]

新聞[編集]

一般紙(全国紙)[編集]

読売・朝日・毎日の各新聞は西部本社(読売は福岡市、朝日・毎日は北九州市に立地)、日経は西部支社(福岡市に立地)、産経は西部本部(福岡市に立地)の管轄となっている。産経新聞は1997年(平成9年)頃から発売を休止していたが、産経新聞社九州・山口本部(現・産経新聞西部本部)発足に伴い2009年(平成21年)10月1日付より山口県での発行を再開した。印刷は佐賀県鳥栖市毎日新聞社工場に委託している。

山口県で販売している全国紙は以下の通り。

一般紙(地方紙)[編集]

山口県全域を発行エリアとする地方紙は、山口新聞(下関市、日刊、みなと山口合同新聞社発行)がある。中国新聞広島市)は周南市に防長本社を置き、山口県内でも中国新聞 山口として販売している。かつては西日本新聞福岡市)も県西部地域で販売していたが、2009年(平成21年)3月31日をもって山口県での販売を停止し、山口市下関市にあった支局も撤退した。他に長周新聞(下関市、週3回刊、長周新聞社発刊)がある。

県内特定地域を発行エリアとする主な地方紙は以下の通り。

専門紙[編集]

スポーツ紙・夕刊紙[編集]

デイリースポーツ(大阪・神戸本社管轄の広島支社のエリア)を除き、西部本社の販売エリアである。なお、日刊スポーツは2010年(平成22年)4月に防府市以東の管轄が大阪本社版に変更された。そのこともあって、県内で販売されるスポーツ新聞は福岡ソフトバンクホークスアビスパ福岡などの福岡県に本拠地を置く話題が多い(デイリーに関しては阪神タイガースあるいは広島東洋カープまたはサンフレッチェ広島などの広島を本拠地とするもの)。前述通り産経新聞は発行を再開したもののサンケイスポーツは発売されていない。また、かつては西日本スポーツも発売されていたが、西日本新聞の山口県撤退と同時に山口県内での発売から撤退した。 フジとゲンダイは大阪本社版の早刷りのものをごく一部の駅売りスタンドで発売するのみ。なお、九州スポーツは東京スポーツ系列の新聞であるが、朝刊で扱われているため夕刊紙ではない。

テレビ・ラジオ放送[編集]

テレビの県域放送局[編集]

山口県にはFNN/FNS系及びTXN系列局が存在しない。同県のFNN系列局による報道取材は岩国市を除く地域ではテレビ西日本(TNC)[10]、岩国市ではテレビ新広島(TSS)[11]が担当している。場合により、山陰中央テレビジョン放送(TSK)が担当する場合もある。

ラジオの県域放送局[編集]

在日アメリカ軍のラジオ放送局[編集]

山口県の電波事情[編集]

山口県内にはFNN・TXNの系列局は存在しない。

その一方で、ケーブルテレビの普及率が比較的高く[12]、特に県央部および宇部・美祢地域をエリアに持つ山口ケーブルビジョンではエリア内の加入率を75%以上と公表している[13]

週刊TVガイドザテレビジョン等のテレビ専門誌では、県東部で「広島・島根・鳥取・山口東版」(山口県域局と広島県域局・鳥取県・島根県の番組表を収録)を、県西部で「福岡・佐賀・山口西版」(山口県域局と福岡県域局・佐賀県域局の番組表を収録)をそれぞれ発行・発売しており、同じ雑誌でありながら同一県内で2種類の冊子を発行している。

衛星通信についても、山口県はインテルサットのインド洋経由の欧州向け、太平洋経由の米国向けの両方向への通信が可能な位置にあり、KDDI山口衛星通信センターが山口市にある。当センターではインテルサット・インマルサットのサービスをしているが、その他、スカパーJSATが SUPERBIRD の地上局(山口ネットワーク管制センター)、自治体衛星通信機構の地上局(山口管制局)も立地している。後者については、全国瞬時警報システムなど最重要ミッションを運用している。

コミュニティラジオ局[編集]

カッコ後ろの「JW」は J-WAVE から、「MB」は Music bird からの番組配信あり(無印は自社製作中心)。

ケーブルテレビ局[編集]

文化[編集]

方言[編集]

県域の方言は「山口弁」に区分されるが、地域ごとに大きな差異が見られる。

食文化[編集]

伝統工芸[編集]

経済産業大臣指定伝統的工芸品は以下の通り。

スポーツ[編集]

サッカーチームはレノファ山口FCFCバレイン下関FC宇部ヤーマン等がある。かつては永大産業サッカー部が熊毛郡平生町に本拠地を置いていた。

野球チームは広島東洋カープ2軍が岩国市の広島東洋カープ由宇練習場を本拠地としている。また、横浜DeNAベイスターズは球団発足当時、下関市の下関市営球場に本拠地を置いていた。

陸上競技では、全日本実業団ハーフマラソン(山口市・毎年2月)、下関海響マラソン(下関市・毎年11月)、防府読売マラソン(防府市・毎年12月)等のマラソン大会が開催されているほか、全国持ち回り開催の全国中学校駅伝大会が山口市で開催されたことがある。かつてはカネボウ陸上競技部が防府市に本拠地を置いていた。

公営競技は、防府競輪場(防府市)、徳山競艇場(ボートレース徳山)(周南市)、下関競艇場(ボートレース下関)(下関市)、山陽オートレース場(山陽小野田市)がある。

特産品・名産品[編集]

岩国・柳井地区
周南・下松地区
萩・長門地区
  • いとこ煮 - 萩市周辺に伝わる煮物料理。
  • 水産加工品(特に蒲鉾などの魚肉練り製品) - 萩・長門地区を中心に沿岸各地で盛ん。
  • 夏みかん - 長門市青海島が原産、萩で多く生産される。
  • 萩焼 - 萩・長門を中心に生産され、茶器としても有名。
  • 見島牛 - 萩市見島で生産される、西洋種の影響を受けていない日本古来の和牛種。年に12頭ほどしか出回らないため、幻の高級肉と呼ばれる。
山口・防府地区
  • 外郎 - 山口市を中心に販売。ワラビ粉を使用しているのが特徴。
  • 大内塗 - 山口市の民芸品
宇部・小野田・美祢地区
下関
  • 辛子明太子 - 日本最初の辛子明太子業者が下関で作られ、かつては下関市が取扱量全国第一位であった。
  • 瓦そば - 下関市にある川棚温泉の名物。
  • 瓶詰ウニ - 下関発祥。
  • 巌流焼 - 下関市の土産菓子
  • 淡雪 - 下関市の土産菓子
  • 安岡ねぎ - 下関市安岡の特産小ねぎ、万能ねぎのルーツ。
  • 垢田トマト
  • ふぐ提灯 - フグの皮を使って作られる提灯。
  • ふぐ凧 - フグの姿を模した凧。

観光[編集]

山口県の各市町村の年間観光客数は、山口県の統計による2017年の数値[14]によれば、県全体で過去最高の3318.1万人が訪れ、市町村別では、下関市が最も多く705.5万人、次いで山口市の483万人、岩国市の332万人、萩市の242万人、防府市の219万人と続く。3年連続観光客数が3000万人を突破し、外国人観光客は54.8%増加し、40.8万人となった。

温泉は、湯田温泉川棚温泉湯本温泉俵山温泉など、51泉ある。そのうち、25泉は放射能泉系、9泉は単純温泉系、13泉は塩化物泉系、残り3泉はその他の泉質である。

有形文化財建造物としては、萩市の松下村塾萩反射炉、萩城下町、大板山たたら製鉄遺跡恵美須ヶ鼻造船所跡世界遺産に登録(「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産として)、下関市の功山寺仏殿と住吉神社本殿、山口市の瑠璃光寺五重塔が国宝に指定、赤間神宮の水天門と回廊等が重要無形文化財に、萩市の堀内地区・平安古地区・浜崎地区・佐々並市地区、柳井市の古市金屋地区が重要伝統的建造物群保存地区として選定されている。

イベント[編集]

山口県を舞台とした作品[編集]

映画
テレビドラマ
アニメーション
漫画
小説
  • キラプリおじさんと幼女先輩シリーズ(下関市)
ゲーム

山口県出身の人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ やまぐちを知ろう 【地勢・気候】{work=ふるさと学習コンテンツ『知っちょる!?やまぐち』”. 山口県教育委員会. 2018年8月21日閲覧。
  2. ^ 都道府県別土砂災害危険箇所
  3. ^ 予報細分区域 (PDF)
  4. ^ 山本栄一郎 『山口「地理・地名・地図」の謎』 実業之日本社〈じっぴコンパクト〉、2015年。ISBN 9784408455365。pp.112-113
  5. ^ その起源は、平井龍県知事時代における『オクトピア構想』(オクト(8)とユートピア(理想郷)の造語)にあり、1987年(昭和62年)2月に策定された「第四次県政振興の長期展望」の中で具体化された。
  6. ^ 山口県統計分析課
  7. ^ 晋三は東京生まれの東京育ちで、本籍地は山口県大津郡油谷町(現・長門市)である。
  8. ^ 山口県の地域経済分析 (PDF) - 経済産業省, p.54-97
  9. ^ 沖の山コールセンター
  10. ^ テレビ西日本がスマートニュースのチャンネルプラスに登場 より
  11. ^ スマートニュースでテレビ新広島のチャンネルが開設 より
  12. ^ 総務省発表資料「ゲーブルテレビの現状」(平成23年6月) (PDF) では、日本全体のケーブルテレビ普及率48.8%に対し、山口県全体で56.7%としている。
  13. ^ 山口ケーブルビジョン(株)会社概要 より
  14. ^ “平成29年山口県の宿泊者及び観光客の動向について” (プレスリリース), 山口県観光政策課, (2018年9月3日), http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a16200/doutai/201807300001.html 2018年9月3日閲覧。 

関連項目[編集]

先代:
山口藩
岩国県清末県豊浦県
行政区の変遷
1871年 -
次代:
-----