山口県立下関中央工業高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山口県立下関中央工業高等学校
下関中央工業高校正門
過去の名称 山口県立幡生工業高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 山口県の旗 山口県
学区 全県一学区
校訓 質実剛健
設立年月日 1910年
閉校年月日 2018年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 工業科(くくり募集)
機械造船科
建築科
土木科
化学工業科
学期 3学期制
高校コード 35149A
所在地 751-0826
山口県下関市後田町四丁目25番1号
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

山口県立下関中央工業高等学校(やまぐちけんりつ しものせきちゅうおうこうぎょうこうとうがっこう)は、山口県下関市後田町四丁目に所在していた公立工業高等学校。略称は「中央」。

沿革[編集]

  • 1910年明治43年) - 下関市立下関実業補習学校開設。
  • 1925年大正14年) - 下関市立下関商業実践学校と改称。
  • 1928年昭和3年) - 下関工業実践学校を合併、市立下関商工実践学校と改称。
  • 1935年(昭和10年) - 下関商工実践学校を引き継ぐ形で下関市立下関商工学校開校。
  • 1944年(昭和19年) - 山口県に移管、山口県立下関第二工業学校開校。
  • 1948年(昭和23年) - 学制改革に伴い、山口県立下関実業高等学校に移行。
  • 1949年(昭和24年) - 山口県立下関工業高等学校に統合(名称は山口県立下関工業高等学校)。
  • 1954年(昭和29年) - 山口県立下関工業高等学校を山口県立安岡工業高等学校(現・山口県立下関工業高等学校)と山口県立幡生工業高等学校に分離。
  • 1965年(昭和40年) - 山口県立幡生工業高等学校を山口県立下関中央工業高等学校に改称。
  • 2016年4月 下関工業高等学校と再統合して、下関工科高校が発足したため募集停止
  • 2018年3月 廃校(跡地利用に関しては、多部制の定時制高校である下関双葉高校と下関総合支援学校高等部が設置される予定である)

設置学科[編集]

全日制

入学時には全学科を一括募集し、1年次終了後に希望学科に分かれる。

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 松村邦洋のOH-!邦自慢 / ラジオ”. KRY山口放送 (2015年12月). 2015年12月15日閲覧。

関連項目[編集]