山口県立下関南総合支援学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山口県立下関南総合支援学校
過去の名称
私立下関博愛盲唖学校
私立愛国婦人会山口支部下関盲唖学校
山口県立下関盲唖学校
山口県立盲学校
国公私立の別 公立学校
設置者 山口県の旗 山口県
校訓 誠実 相愛 自立
設立年月日 1905年10月
創立記念日 10月9日
創立者 今冨八郎
共学・別学 男女共学
設置学部 幼稚部、小学部、中学部、高等部
学期 3学期制
所在地 751-0828
山口県下関市幡生町1丁目1-22
外部リンク 公式サイト
Portal.svg Portal:教育
Project.svg プロジェクト:学校/特別支援学校テンプレート
テンプレートを表示

山口県立下関南総合支援学校(やまぐちけんりつ しものせきみなみそうごうしえんがっこう)は、山口県下関市幡生にある公立特別支援学校視覚障害者を教育対象とする。

指導科構成[編集]

沿革[編集]

  • 1905年10月 - 盲人鍼灸家今冨八郎、 下関市阿弥陀寺町108番地に今冨盲学館を設立。
  • 1907年8月 - 私立下関博愛盲唖学校と改称し、 下関博愛婦人会の経営に移る。
  • 1911年6月 - 内務省令あん摩術営業取締規則、 鍼術・灸術営業取締規則第1条により、あん摩術・はり術・きゅう術の指定学校となる。
  • 1922年3月 - 内務省令あん摩術営業取締規則第1条によりマッサージ術の指定学校となる。
  • 1923年1月 - 愛国婦人会山口支部の経営に移り、私立愛国婦人会山口支部下関盲唖学校と改称。
  • 1929年4月 - 県に移管され、山口県立下関盲唖学校と改称。
  • 1948年4月 - 盲、ろう分離し、山口県立盲学校と改称。
  • 1951年3月 - 文部大臣よりあん摩師・はり師・きゅう師の養成にかかわる学校として認定。
  • 1973年4月 - 高等部を普通科・保健理療科・専攻科理療科 (それぞれ3年) とする。
  • 1976年4月 - 幼稚部を新設。
  • 1990年4月 - 高等部を本科普通科・本科保健理療科・専攻科理療科・専攻科保健理療科(それぞれ3年) とする。
  • 2008年4月 - 山口県立下関南総合支援学校と改称

関連項目[編集]