山口県立宇部商業高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
山口県立宇部商業高等学校

国公私立の別 公立学校
設置者 山口県の旗 山口県
学区 全県一学区
校訓 「一心」-誠・創・実-
設立年月日 1927年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 商業科
総合情報科
学期 3学期制
高校コード 35134C
所在地 759-0207
山口県宇部市大字際波字岡の原220番地

北緯34度0分30.5秒 東経131度13分13秒 / 北緯34.008472度 東経131.22028度 / 34.008472; 131.22028座標: 北緯34度0分30.5秒 東経131度13分13秒 / 北緯34.008472度 東経131.22028度 / 34.008472; 131.22028
外部リンク 公式ウェブサイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

山口県立宇部商業高等学校(やまぐちけんりつうべしょうぎょうこうとうがっこう)は、山口県宇部市に所在する公立商業高等学校。通称宇部商

設置学科[編集]

沿革[編集]

  • 1927年昭和2年) - 宇部市立宇部商業実践学校として開校。
  • 1941年(昭和16年)4月1日 - 校名を山口県立宇部商業高校に変更。
  • 1944年(昭和19年)4月1日 - 校名を山口県立宇部商業学校に変更。
  • 1948年(昭和23年)4月1日 - 校名を山口県立宇部商業高等学校に変更。
  • 1949年(昭和24年)4月1日 - 山口県立宇部農業高等学校との統合により、校名を山口県立宇部農商高等学校に変更。
  • 1953年(昭和28年)3月31日 - 農業部門を山口県立宇部西高等学校として分離し、校名を山口県立宇部商業高等学校に変更。

特色[編集]

  • 校則が厳しく、集団宿泊、体育大会、水泳大会など運動の行事が活発である。

行事[編集]

  • 行事としてクラスマッチ、夏は水泳大会・体育大会が行われる。
  • 体育大会では「宇部商体操」という伝統的な体操がある。
  • 秋には宇部商デパートという生徒が実践的に販売・接客を行う行事があり、実際に3年生が中心となって1学期から仕入先に訪問し、打ち合わせや売上に関しての話し合いを行っている。なお、文化祭とは別の行事である。

部活動[編集]

運動部[編集]

  • 陸上競技部
  • 硬式野球部
  • ソフトテニス部(男子)
  • ソフトテニス部(女子)
  • バレーボール部(男子)
  • バレーボール部(女子)
  • バスケットボール部(女子)
  • 卓球部(男子・女子)
  • 柔道部(女子)

文化部[編集]

  • 珠算部
  • ワープロ部
  • EUC部
  • 商業研究部 調査研究班
  • 商業研究部 簿記班
  • 吹奏楽部
  • 美術部
  • 英語研究部
  • JRC部
  • 県内にある高校の中でもスポーツが盛んであり、特に野球部はセンバツ夏の甲子園の、男子バレー部は春高バレーの常連校として知られている。
  • 1学年の男子の8割が野球部またはバレー部、女子はバスケットボールまたは女子バレーボール部などが盛んである。

主な出身者[編集]

関連項目[編集]