山口県立小野田工業高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山口県立小野田工業高等学校
Onoda technical highschool.jpg
過去の名称 小野田町外二箇村学校組合立小野田実業実践学校
小野田町外二箇村学校組合立小野田実業専修学校
小野田町外二箇村学校組合立山口県小野田実業学校
小野田市立小野田工業学校
山口県立小野田工業学校
国公私立の別 公立学校
設置者 山口県の旗 山口県
学区 全県一学区
校訓 勤労愛好・報恩感謝・自発自律
設立年月日 1926年4月
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
定時制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 (全日制)
機械科
情報科学科
化学工業科
(定時制)
機械科
学期 3学期制
高校コード 35137H
所在地 756-0824
山口県山陽小野田市中央2丁目6番1号
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

山口県立小野田工業高等学校(やまぐちけんりつ おのだこうぎょうこうとうがっこう)は、山口県山陽小野田市に所在する公立工業高等学校

概要[編集]

山陽小野田市街地に位置する。通称は、小工(しょうこう)。

設置学科[編集]

全日制

  • 機械科
    • 生産機械コース(機械加工を中心とするコース)
    • メカトロコース
  • 情報科学科
    • 情報制御コース(ハードウエア中心コース)
    • 情報通信コース(ソフトウエア重点コース)
  • 化学工業科
    • 材料化学コース(製造化学コース)
    • 環境化学コース(環境コース)

定時制

  • 機械科

沿革[編集]

  • 1926年(大正15年)4月 - 小野田町外二箇村学校組合立小野田実業実践学校を設置。
  • 1931年(昭和6年)4月 - 小野田町外二箇村学校組合立小野田実業専修学校に改称。
  • 1940年(昭和15年)4月 - 小野田町外二箇村学校組合立山口県小野田実業学校に改称。
  • 1943年(昭和18年)4月 - 小野田市立小野田工業学校に改称(機械科)。
  • 1944年(昭和19年)4月 - 山口県立小野田工業学校に改称(機械科・工業化学科を設置)。
  • 1948年(昭和23年)4月 - 山口県立小野田工業高等学校に改称、定時制課程併設(機械科、工業化学科を設置)。
  • 1960年(昭和35年)4月 - 工業計測科新設。
  • 1963年(昭和38年)4月 - 原動機械科新設。
  • 1973年(昭和48年)4月 - 定時制工業化学科募集停止。
  • 1976年(昭和51年)4月 - 全日制原動機械科募集停止。
  • 1984年(昭和59年)4月 - 全日制工業化学科を化学工業科に科名変更。
  • 1989年(平成元年)4月 - 全日制工業計測科を電子科に科名変更。
  • 2000年(平成12年)4月 - 学科コース制導入。
  • 2001年(平成13年)4月 - 電子科の募集を停止し、情報科学科に改編。

交通[編集]

著名な出身者[編集]

関連項目[編集]