山口県立柳井商工高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山口県立柳井商工高等学校
Yanai Com and Tech HS.JPG
過去の名称 柳井町立柳井商業学校
山口県立柳井商業学校
山口県立柳井商工学校
山口県立柳井商工高等学校(第一次)
国公私立の別 公立学校
設置者 山口県の旗 山口県
学区 全県一学区
併合学校 山口県立柳井工業高等学校
柳口県立柳井商業高等学校
校訓 至誠・礼節・質実剛健
設立年月日 1920年(大正9年)
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 ビジネス情報科
機械科
建築・電子科
学期 3学期制
高校コード 35169F
所在地 742-1352
山口県柳井市伊保庄2658
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

山口県立柳井商工高等学校(やまぐちけんりつ やないしょうこうこうとうがっこう, Yamaguchi Prefectural Yanai Commercial and Technical High School)は、山口県柳井市に所在する公立商工高等学校。総合選択制を取り入れている。

設置学科[編集]

(総合選択制)

  • ビジネス情報科(商業に関する学科)
  • 機械科(工業に関する学科)
  • 建築・電子科 - 建築コース・電子コース(工業に関する学科)

概要[編集]

歴史
1920年大正9年)創立の「柳井商業学校」を前身とする。1944年(昭和19年)に工業科を併置し「商工学校」となる。1948年(昭和23年)の学制改革で「柳井商工高等学校」となった後、1972年(昭和47年)に山口県立柳井商業高等学校山口県立柳井工業高等学校の2校に分離。山口県内の公立高等学校再編の一環で2006年平成18年)に2校が統合され、34年ぶりに再び「山口県立柳井商工高等学校」として復活した。
校章
柳井のアルファベット表記の頭文字「Y」の文字、「高」の文字、「商工」の文字(縦書き)を組み合わせたものとなっている。

沿革[編集]

旧制・柳井商業学校
旧・柳井商工高等学校
  • 1948年(昭和23年)
    • 4月1日 - 学制改革により、旧制の商工学校が廃止され、新制高等学校山口県立柳井商工高等学校」が発足。
    • 5月8日 - 定時制伊陸分校(普通科、家庭科)を設置。
    • 5月15日 - 本校に定時制中心校(商業科、機械科、普通科)を設置。
  • 1949年(昭和24年)
    • 4月1日 - 全日制機械科を募集停止し、建築科を設置。
    • 4月30日 - 定時制建築別科を設置。
  • 1950年(昭和25年)5月31日 - 定時制建築別科を廃止し、定時制短期課程建築科を設置。
  • 1953年(昭和28年)3月31日 - 定時制機械科を短期課程に変更。
  • 1962年(昭和37年)4月1日 - 定時制短期課程機械科および建築科を募集停止し、原動機械科を設置。
  • 1971年(昭和46年)4月1日 - 原動機械科の募集を停止し、機械科と工業計測科を設置。
  • 1972年(昭和47年)
    • 3月31日 - 伊陸分校を閉校。
    • 4月1日 - 山口県立柳井工業高等学校と山口県立柳井商業高等学校の2校に分割される。
旧・柳井工業高等学校
  • 1972年(昭和47年)4月1日 - 分離に伴い「山口県立柳井工業高等学校」が発足。機械科・工業測量科・建築科を設置。
  • 1989年(平成元年)4月1日 - 工業計測科を電子科へ科名変更。
  • 2002年(平成14年)4月1日 - 機械科、電子科、建築科を機械・制御科、建築・情報科に改編。 
  • 2006年(平成18年)3月31日 - 学校統合により機械・制御科、建築・情報科の募集を停止。
旧・柳井商業高等学校
  • 1972年(昭和47年)4月1日 - 分離に伴い事務科を設置。
  • 1990年(平成2年)4月1日 - 事務科の募集を停止し、情報管理科を設置。
  • 1997年(平成9年)4月1日 - 会計ビジネス科・情報ビジネス科を設置。
現・柳井商工高等学校
  • 2006年(平成18年)4月1日 - 柳井工業高等学校と柳井商業高等学校が統合し、34年ぶりに「山口県立柳井商工高等学校」が復活。

部活動[編集]

運動部
文化部

著名な出身者[編集]

関連項目[編集]