山口県第3区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
日本の旗山口県第3区
衆議院小選挙区 山口県4.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 宇部市萩市山陽小野田市美祢市山口市(旧阿東町域)、阿武郡
(2017年7月16日現在)
比例区 中国ブロック
設置年 1994年
選出議員 河村建夫
有権者数 259,302人
1.11 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2020年9月1日)
テンプレートを表示

山口県第3区(やまぐちけんだい3く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

歴史[編集]

中選挙区旧山口1区時代を含めて自由民主党の強い保守王国である。また旧山口1区選出議員で唯一宇部・萩地域を地盤とし、内閣官房長官衆院予算委員長党選対委員長を歴任した河村建夫への支持が厚いこともあって、過去8回の選挙全てで河村が他候補を圧倒しており、事実上の無風区となっている。

一方、2012年(平成24年)以降は参議院議員林芳正が当選挙区への鞍替えに意欲を示しており、同年の第46回衆議院議員総選挙で自由民主党山口県連の役員らは林を公認候補とするよう党本部と河村に要請したが、河村は「全力を尽くして3区の議席を確保する」と反発[1]。県連役員らは林の公認を求めて自由民主党副総裁の大島理森と面会したが、大島は「現職の議員が、他の院の選挙区には立候補できない」とする党選挙対策要綱を示した上で「公認は無理」と返答[2]。党本部は河村を公認し、林は同選挙での3区出馬を断念した[3]

この余波が3区内の地方選挙に波及し、2017年(平成29年)、林は河村の出身地である萩市の市長選挙において、自民党推薦を受けた現職の野村興児の対立候補である藤道健二を支援し、藤道が当選[4]2020年(令和2年)、美祢市長選挙において河村が支援する現職の西岡晃を退けて林が支援した篠田洋司が当選[5]。さらに同年の宇部市長選挙において林の元秘書である篠﨑圭二が当選[6]。また、山陽小野田市長の藤田剛二は林を支援する山口県議会議長の柳居俊学の仲介で自民党に入党し[4]、数年間で3区内の全ての市長が林に近い立場の人物へ交代した状況から中国新聞は林による「陣取り」と報じている[4]

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年平成8年) 河村建夫 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年(平成12年)
第43回衆議院議員総選挙 2003年(平成15年)
第44回衆議院議員総選挙 2005年(平成17年)
第45回衆議院議員総選挙 2009年(平成21年)
第46回衆議院議員総選挙 2012年(平成24年)
第47回衆議院議員総選挙 2014年(平成26年)
第48回衆議院議員総選挙 2017年(平成29年)
第49回衆議院議員総選挙 2021年(令和3年)

選挙結果[編集]

解散日:2017年(平成29年)9月28日 投票日:2017年(平成29年)10月22日
当日有権者数:267,356人 最終投票率:55.53%(前回比:+3.33ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
河村建夫74自由民主党103,173票
71.32%
――公明党推薦
坂本史子62立憲民主党41,497票
28.68%
40.22%社会民主党推薦

解散日:2014年(平成26年)11月21日 投票日:2014年(平成26年)12月14日
当日有権者数:268,385人 最終投票率:52.20%(前回比:-5.78ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
河村建夫72自由民主党93,248票
68.37%
――公明党
三浦昇44民主党29,329票
21.50%
31.45%
藤井岳司28日本共産党13,818票
10.13%
14.82%

解散日:2012年(平成24年)11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日
当日有権者数:272,343人 最終投票率:57.98%(前回比:-12.34ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
河村建夫70自由民主党107,833票
70.85%
――
中屋大介34民主党28,663票
18.83%
26.58%
五十嵐仁美51日本共産党15,709票
10.32%
14.57%

解散日:2009年(平成21年)7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日
当日有権者数:278,585人 最終投票率:70.32%(前回比:+2.29ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
河村建夫66自由民主党115,757票
60.08%
――
三浦昇39民主党73,760票
38.28%
63.72%
津田修一46幸福実現党3,159票
1.64%
2.73%
  • 三浦はのちに高邑勉の山口県知事選挙出馬に伴い繰り上げ当選。

解散日:2005年(平成17年)8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日
当日有権者数:285,401人 最終投票率:68.03%(前回比:+4.89ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
河村建夫62自由民主党118,412票
62.21%
――
三浦昇35民主党55,815票
29.32%
47.14%
五島博49日本共産党16,124票
8.47%
13.62%

解散日:2003年(平成15年)10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日
当日有権者数:286,993人 最終投票率:63.14%(前回比:-1.74ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
河村建夫61自由民主党111,658票
63.25%
――
岩本晋60民主党50,975票
28.87%
45.65%
田中照久31日本共産党13,909票
7.88%
12.46%

解散日:2000年(平成12年)6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日 最終投票率:64.88%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
河村建夫57自由民主党120,527票
68.07%
――
菖蒲順一郎42日本共産党38,507票
21.75%
31.95%
佐々木信夫61自由連合18,022票
10.18%
14.95%

解散日:1996年(平成8年)9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
河村建夫53自由民主党108,995票
69.53%
――
天満屋是清60日本共産党29,337票
18.71%
26.92%
佐々木信夫58無所属12,834票
8.19%
11.77%×
伊藤悦雄47無所属5,599票
3.57%
5.14%×

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 尾村洋介「林氏のくら替え:自民山口県連が党本部に要請へ」『毎日新聞地方版』毎日新聞西部本社、2012年8月17日。2020年11月23日閲覧。
  2. ^ 「自民「お家騒動」山口3区、林議員の擁立認めず」『読売新聞』読売新聞西部本社、2012年8月23日。2020年11月23日閲覧。
  3. ^ 【参院選】自民党王国・山口 林農水相、盤石な態勢 でもあちこちで軋みも」『産経ニュース』産経新聞社・産経デジタル、2013年7月9日。2020年11月23日閲覧。
  4. ^ a b c 河村氏と林氏、山口3区「陣取り」注目 近く宇部市長選告示」『中国新聞デジタル』中国新聞社、2020年4月21日。2020年11月23日閲覧。
  5. ^ 林氏、河村氏との代理戦争制す 美祢市長選に篠田氏初当選」『中国新聞デジタル』中国新聞社、2020年4月21日。2020年11月23日閲覧。
  6. ^ “宇部市長に篠崎氏 新人対決、望月氏破る”. 山口新聞. (2020年11月23日). https://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/e-yama/articles/18199 2020年11月23日閲覧。 

関連項目[編集]