山口県道34号下関長門線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
主要地方道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
山口県道34号標識
山口県道34号 下関長門線
主要地方道 下関長門線
起点 下関市一の宮住吉【地図
終点 長門市仙崎【地図
接続する
主な道路
(記法)
Japanese National Route Sign 0002.svg 国道2号
Japanese National Route Sign 0491.svg 国道491号
Japanese National Route Sign 0435.svg 国道435号
Japanese National Route Sign 0316.svg 国道316号
Japanese National Route Sign 0191.svg 国道191号
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路

山口県道34号下関長門線(やまぐちけんどう34ごう しものせきながとせん)は、山口県下関市から長門市に至る県道主要地方道)である。

概要[編集]

下関市の国道2号山の谷交差点が起点となる。東亜大学JR西日本新下関駅傍を通り、下関市を北上する。道の駅きくがわ傍を過ぎると、木屋川沿いに進む。旧豊田町内では、ゲンジボタル発生地が幾つかある。また旧豊田町内には道の駅蛍街道西ノ市がある。その後、豊田湖大寧寺湯本温泉傍などを通り、長門市仙崎の国道191号仙崎交差点までを結ぶ。

下関市と長門市を結ぶ道路としては、国道191号や国道2号・国道316号経由よりも距離が短く、平行する国道491号に未整備の区間が点在することもあって、両都市を最短距離で結ぶ路線として重用されている。 なお、下関市豊田町から長門市までの区間において、下関長門線に並行する国道491号自動車専用道路の「長門・俵山道路」と「俵山・豊田道路」が山陰自動車道の一部として整備される予定であり、両道路開通後はこちらがメインルートとなる。

路線データ[編集]

歴史[編集]

路線状況[編集]

重複区間[編集]

道の駅[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

下関市石原(長門方面)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目[編集]