山口芳宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

山口 芳宏(やまぐち よしひろ、1973年 - )は日本の小説家推理作家三重県生まれ。横浜国立大学工学部卒業。ゲームプランナー、シナリオライターとして活躍後、2007年に『雲上都市の大冒険』で東京創元社主催の第17回鮎川哲也賞を受賞しデビューした。

受賞作の創作にあたって直接影響を受けたのは、シャーロック・ホームズ坂口安吾海野十三天藤真蘭郁二郎夏目漱石であるという[1]

初めてミステリーを応募したのは東京創元社の第4回創元推理短編賞で、その時は最終選考に残っている[1](この時の短編賞は受賞作なし、佳作が大倉崇裕、緑川宝)。

作品リスト[編集]

  • 雲上都市の大冒険 (東京創元社、2007年10月) ISBN 978-4-488-02397-3 - 第17回鮎川哲也賞受賞作、「雲上都市の怪事件」改題
    • 文庫版- 創元推理文庫、2011年1月 ISBN 978-4-488-41611-9
  • 豪華客船エリス号の大冒険 (東京創元社、2008年11月) ISBN 978-4-488-02439-0
    • 文庫版 - 創元推理文庫、2012年2月 ISBN 978-4-488-41612-6
  • 妖精島の殺人(上下巻) (講談社ノベルス、2009年9月、10月) ISBN 978-4-06-182672-4、ISBN 978-4-06-182673-1
  • 学園島の殺人(講談社ノベルス、2010年2月) ISBN 978-4-06-182702-8
  • 100人館の殺人(東京創元社、2010年3月) ISBN 978-4-488-02456-7
  • 蒼志馬(あおしま)博士の不可思議な犯罪 (創元推理文庫、2011年6月) ISBN 978-4-488-41613-3

小説以外の著作[編集]

  • ゲームクリエイターになりたい! 夢を実現する裏ワザを大公開(ベストセラーズ、1997年3月) ISBN 4-584-18277-9

脚注[編集]

  1. ^ a b 『本格ミステリー・ワールド2008』(南雲堂、2007年12月)収録のエッセイ「私の履歴書」より。