山口豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
やまぐち ゆたか
山口 豊
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 埼玉県大宮市(現・さいたま市
生年月日 (1967-10-22) 1967年10月22日(53歳)
最終学歴 早稲田大学商学部
勤務局 テレビ朝日
職歴 日本航空京都支店(1990年 - 1992年勤務)
活動期間 1992年 -
ジャンル 報道・情報系
公式サイト 山口豊プロフィール
出演番組・活動
出演中 スーパーJチャンネル
出演経歴 報道ステーション
ANNニュース
スーパーモーニングなど
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

山口 豊(やまぐち ゆたか、1967年10月22日 - )は、テレビ朝日所属の男性アナウンサー埼玉県大宮市(現・さいたま市)出身。

人物[編集]

  • 埼玉県立浦和高等学校早稲田大学商学部を卒業し1990年日本航空の京都支店へ入社するも、半年くらいたった頃から何かが違うと強く感じた。
  • 働きながら週末は東京のアナウンススクールに通って猛勉強し、1992年にテレビ朝日に合格してアナウンサーになる。
  • 入社後は『お昼のN天ワイド』などの報道番組で活躍し、『スーパーJチャンネル』の生活情報局のリポーター(豊口めぐみ萩野志保子川北桃子飯村真一富川悠太らも含む)を務めた。
  • 2000年10月から2006年3月まで平日昼の『ANNニュース』を担当し、2006年4月から2014年3月まで『スーパーJチャンネル』の週末版のメインキャスターを務めた。なお、このとき本人が(平日昼で使われていた)バーチャルスタジオでやりたいと希望を出し、平日版スタジオ(外の風景は季節による昼と夜の時間の長さにあわせ、上半期は夕暮れをイメージしたオレンジ色の空、下半期は夜景になっている)をモチーフに週末版のみスタジオをリニューアルした。
  • 2000年10月に子どもが誕生している。
  • 2016年1月25日には島根県邑南町を取材中、大雪に埋まった女性を救出する様子が『報道ステーション』で報じられた[1]
  • 2020年2月 初の著書『「再エネ大国 日本」への挑戦 』を上梓
  • 2020年8月~ 環境省 中央環境審議会地球環境部会 中長期の気候変動対策検討小委員会 委員

現在の出演番組[編集]

  • スーパーJチャンネル - 平日版の特集コーナー「真実の行方」の取材を不定期で担当
  • ANNスーパーJチャンネル(土・日曜版)・スーパーJチャンネル(土曜版)[2] - メインキャスター(2006年4月8日 - 2014年3月30日、2016年4月9日 - )
  • ザ・スクープSPECIAL - ナビゲーター(2016年 - )
    • 2016年には当初出演予定だった鳥越俊太郎の代理で出演し、そのまま事実上の2代目メインキャスターを務めている。
  • 日曜スクープ(2018年10月14日 - 、BS朝日

過去の出演番組[編集]

  • Jリーグ中継リポーター(入社後数年間)
  • 邦子がタッチ - サブ司会
  • スーパーモーニング - リポーター(1994年10月 - 1996年3月、担当時期にオウム真理教事件があり連日取材していた)
  • お昼のN天ワイド - メインキャスター(1996年4月 - 1997年9月)
  • スーパーJチャンネル
    • 生活情報局金曜日リポーター(1998年10月 - 2000年9月)
    • 金曜第1部メインキャスター(2016年4月8日 - 2017年3月31日)
    • 過去に平日版メインキャスターの渡辺宜嗣が不在の日の代役を担当することがあった。
  • ANNニュース - 平日昼キャスター(2000年10月 - 2006年3月)
  • 報道ステーション - リポーター(2006年4月 - 2016年3月)

同期アナウンサー[編集]

参考文献・出典[編集]

  • 『新訂 現代日本人名録2002④』日外アソシエーツ、2002年1月、1422頁。ISBN 978-4-8169-1695-3。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ テレ朝山口豊アナ 雪に埋まった女性救助/芸能/デイリースポーツ online
  2. ^ 2016年3月まで土・日曜版(第一期)、2017年度の日曜版(第二期)、2019年10月以降の土曜版、2020年10月以降(予定)の日曜版(第三期)はタイトルに『ANN』の冠がつく。

関連項目[編集]