山口高清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山口 高清(やまぐち たかきよ、生年不詳 - 応安元年(1368年))は南北朝時代武蔵国入間郡国人山口高実の子。山口高治の父。山口城城主。

生涯[編集]

応安元年(1368年)、新田義宗脇屋義治の挙兵に呼応した武蔵平一揆で、一揆の中心であった河越直重高坂氏の側につき河越館に拠った。その際手薄になった山口城は関東公方足利氏満上杉憲顕に攻められ落城、夫人は稚子を抱いて池に入水した。高清は河越から取って返したが城内には入れず、瑞岩寺(所沢市山口字岩崎)で自刃した。

高清が用いていた鞍が、瑞岩寺に保存されている。