山名教清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

山名 教清(やまな のりきよ、生没年不詳)は、室町時代中期の武将守護大名石見美作守護。山名義清(よしきよ)の子で、山名義理の孫に当たる。子に政清。官位は修理大夫、法名は浄勝。

元服時に室町幕府第6代将軍足利義教より偏諱を受けて教清と名乗る。永享元年(1429年)から石見の守護に任じられていたが、永享9年(1437年)に同族の山名熙貴に交代させられた。嘉吉元年(1441年)に将軍・義教と熙貴が共に赤松満祐の部下の者に殺害されると(嘉吉の乱)、同族の山名持豊(宗全)山名教之と共に満祐討伐軍に加わり、恩賞として満祐の領土美作と熙貴の領土石見を獲得した。以後の消息は不明で、子の政清が美作守護職を受け継いでいる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]