山名義徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
 
山名義徳
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 元文5年3月8日1740年4月4日
死没 文政3年2月8日1820年3月21日
改名 隼之助(幼名)、立花致知(初名)、山名豊貴、義徳
戒名 宝相院殿真如常覚大居士
墓所 兵庫県美方郡香美町村岡区村岡の法雲寺(坪谷御廟)
官位 従五位上靱負
幕府 江戸幕府 交代寄合
主君 徳川家重家治
筑後柳川藩士、但馬村岡領
氏族 立花氏山名氏
父母 立花貞俶、角田六郎左衛門娘もん
山名豊暄
兄弟 立花貞則立花鑑通、きせ、立花致傳
立花致真、登代、みき、戸次通孝義徳、矢島通経、伝姫、まき、立花通堅、みつ ら
山名豊暄
義方、義矩、柳生久知、義丈、義峯、
小笠原長世室、松田貞丈室
テンプレートを表示

山名 義徳(やまな よしのり)は、江戸時代中期の交代寄合但馬国村岡領主。

経歴[編集]

元文5年3月8日1740年4月4日)に 筑後柳川藩第5代藩主・立花貞俶の八男として柳川藩江戸藩邸において出生する。立花氏時代は、同藩第7代藩主となった兄の立花鑑通(初め鑑致)より1字を賜い、立花致知(よしとも)[1]と名乗っていた。宝暦5年(1755年)に通称を靱負と称する。

宝暦12年(1762年)- 山名豊暄婿養子となり、山名豊貴(とよたか、のち義徳[2]と改名する。

明和2年(1765年)4月に家督相続し、寛政6年(1794年)に隠居。文政3年2月8日1820年3月21日)に死去する。

人物[編集]

  • 実兄(同母兄)は柳川藩一門の立花監物家2代目・立花致真(よしざね)。致真の娘・天寿院は立花鑑寿(鑑通五男)の正室である。
  • 甥にあたる柳川藩家老の立花通栄(織衛)との文書のやりとりが、「立花織衛家文書」に残っている。
  • 家川念流剣術を習得しており、織衛文書に柳川藩士に念流剣術奥義を相伝している[3]
  • 書画の才にも造詣が深く、狩野派・加藤文麗に付き画を学ぶ。雅号を文鶴と名乗る。
猿尾滝観瀑図」(文鶴画)
「梅に鶴」(文鶴画)

系譜[編集]

    • 男子:山名義矩 - 旗本・山名豊翔養子
    • 男子:柳生久知 - 前名・山名義隣、柳生久通の養子
    • 男子:山名義丈
    • 男子:山名義峯 - 旗本土屋氏(喬直流))・土屋匡直の養子として土屋徳直と名乗ったが後に帰家
    • 女子:小笠原長世室 - のちに離縁し小堀政共室、政共は小堀政方の娘の養父
    • 女子:松田貞丈室 - 死別後、最上義溥(最上氏21代当主)室

脚注[編集]

  1. ^ 寛政重修諸家譜の立花家系図及び「柳川市別冊・図説立花家記」。兄・鑑通は藩主になった延享3年(1746年)から宝暦5年(1765年)は諱を鑑致と名乗っており、この間に一字拝領されたと思われる。
  2. ^ 豊貴が「義徳」と改名以降、山名持豊(宗全)世代以降通字であった「豊」の字に代わって、「」の字が山名氏嫡流家の通字として用いられるようになった。この字は山名氏の祖先にあたる清和源氏由来の字であり、創始者の山名義範をはじめ、山名氏一門でも一部の者が使用していたものである。
  3. ^ 「立花織衛家文書目録」参照。なお、資料番号はC-71-36-1とC-71-36-2

参考文献[編集]

  • 「柳川市別冊・図説立花家記」(柳川市・柳川市史編集委員会編集・平成22年(2010年))
  • 「柳川古文書館史料目録第18集 立花織衛家文書目録」(2008年九州歴史資料館分館 柳川古文書館)
  • 「旧柳川藩志・上巻」(柳川・山門・三池教育会編、昭和32年)
  • 「寛政重修諸家譜」