山咲千里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
やまざき せんり
山咲 千里
プロフィール
別名義 杵村 千里(本名)
山崎 千里(旧姓)
生年月日 1962年4月24日
現年齢 58歳
出身地 日本の旗 日本京都府京都市
血液型 A
公称サイズ(2008年時点)
身長 / 体重 163 cm / 42 kg
BMI 15.8
スリーサイズ 83 - 57 - 83 cm
活動
デビュー 1979年
ジャンル 女優
他の活動 ビューティーアドバイザー
DJ
モデル: テンプレート - カテゴリ

山咲 千里(やまざき せんり、1962年昭和37年〉4月24日 - )は、日本女優ファッションモデルエッセイストビューティーアドバイザーDJである。別名:senri(せんり)。本名:杵村 千里(きねむら ちさと、旧姓:山崎)。京都府京都市出身。

来歴・人物[編集]

東映で時代劇や特撮ものなどを数多く手がけた映画監督・山崎大助と、元女優・美山れい子夫妻のもと第一子として出生する。年の離れた弟がひとりいる。

小学校時代は重篤な疾病を抱え虚弱で通学不可能だったため、教師が自宅に来て勉強を教えてくれていた。中学在学中までに病を克服し、勉学などの都合もあって東京都へ転居する。1979年神奈川県立百合丘高等学校在学中、NHK朝の連続テレビ小説鮎のうた』ヒロインオーディションに合格し、女優としてデビュー。当初は清純派で、おとなしい女性の役が多かった。

転機が訪れたのは1990年代ボンデージファッションへの傾倒と清純派一辺倒からのマンネリ脱却を目指して上梓した写真集『ANOTHER SKIN』(1992年スコラ刊、撮影:リウ・ミセキ)で一躍セクシー路線へ転換。その後数冊セクシー路線の写真集を出版、演技の仕事でもセクシーな役柄を多くこなした。さらにタレントとして『マジカル頭脳パワー!!』(日本テレビ)などのクイズ番組で存在感を発揮したほか、1996年秋にはミニアルバム『envy』でエイベックスより音楽活動にも進出した。

ファッション・美容には並ならぬこだわりを持つ。特にボディコンへのこだわりは深く、1980年代半ばから知己の服飾デザイナーとボディコンを一貫したコンセプトとした婦人服ブランドをプロデュースしたり(現在は撤退)、ウエストを細くしたいと最下部の肋骨を左右一対抜いてしまったなどの逸話を持つ(この逸話に関しては、2020年4月2日放送の『アウト×デラックス』内で否定した)。このスノッブ・突飛とすらいえる拘りを臆面なく公言する山咲には当初は厳しい批評もあったが、2000年代に入ると、『22枚の女の切札』(2000年刊)以降の美容関連の出版物が多くの女性や山咲トオルなどに好意的に受け入れられるようになった。最近では日本女子をドール顔に導いた人物として益若つばさを尊敬すると発言し[1]、40代後半にして益若のようなギャルメイクにも挑戦した。

大のクラブサウンド愛好家である。10代の頃からクラブ通いをしていたといい、Dragon Ashの熱烈なファンであることも公言。また、自身もテイ・トウワの弟子と公言し「DJ AOBA」として様々なクラブイベントで活動しており、WIRELOOPA主催のパーティーなどクラブイベントにも多く参加している。

私生活では30代後半まで独身を通し、その間政財界の名士や子息、青年実業家、美容外科医らとの浮名も流した。Dragon Ashファン同士として知り合ったデザイナーの男性と事実婚状態にあることを公表、その後正式に結婚したが、48歳を迎えた12年後に離婚している[2]

2012年にモデル事務所・ジャパンモデルエージェンシーと専属契約を結び、関西を拠点にモデルとして活動する。その後、ジャパンモデルエージェンシーと山咲が代表を務めるサウザンド・ウェイとの間で専属契約に関する法的トラブルが起きたが、2016年9月8日に和解が成立するとともに両者間の専属契約が終了したため、ジャパンモデルエージェンシーと山咲は契約関係にはないことが発表された[3]

2019年3月、芸能事務所ワイエムエヌとの業務提携を開始した[4]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ番組[編集]

映画[編集]

CM[編集]

その他[編集]

出版物[編集]

CD[編集]

写真集[編集]

  • SENRI(1988年2月、辰巳出版、撮影:橘マキオ) ISBN 978-4886410535
  • アナザー・スキン(1992年1月、スコラ、撮影:リウミセキ) ISBN 978-4796200660
  • ホワイト・ムーン(1993年12月、スコラ、撮影:大沢尚芳) ISBN 978-4796201490
  • フェティッシュ(1994年4月、スコラ、撮影:Peter Arnell) ISBN 978-4796201629
  • NEW EARTH(2018年3月23日、講談社、撮影:下村一喜) ISBN 978-4062210010

著書[編集]

単著[編集]

  • いつかジェラシー(1992年9月、スコラ) ISBN 978-4796200868
  • キレイの魔術(1993年4月、スコラ) ISBN 978-4796201100
  • ビューティ・メイカーズ―グッドデザインを創る全ての人達の情熱に(1998年3月、スコラ) ISBN 978-4796204828
  • 山咲千里ネイルデザイン928ターボ(1998年10月、スコラ・スコラスペシャル 63) ISBN 978-4796295628
  • 22枚の女の切り札(2000年5月18日、講談社) ISBN 978-4062101349
  • だから私は太らない(2002年3月8日、講談社) ISBN 978-4062111867
  • 贅沢な悩み(2002年8月、PHP研究所・PHPエル新書) ISBN 978-4569623818
  • 美肌(2003年3月27日、講談社) ISBN 978-4062118033
  • 恋水(2004年5月21日、講談社) ISBN 978-4062124065
  • 経験(2005年11月、アクセスパブリッシング) ISBN 978-4901976329
  • 美心伝心(2008年3月26日、扶桑社) ISBN 978-4594056094
  • だから私は太らない〈完全版〉(2010年1月29日、光文社・知恵の森文庫) ISBN 978-4334785697
  • 華齢(2011年9月8日、講談社) ISBN 978-4062173063

共著[編集]

コラボ商品[編集]

  • ワンランク上の大人のエイジレスウィッグ プリシラボーテ(プリシラ

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “もはや誰!?“進化”し続ける山咲千里の画像に大反響!”. オリコンニュース (オリコン). (2015年10月11日). https://www.asagei.com/excerpt/44803 2020年8月8日閲覧。 
  2. ^ “山咲千里、2年前に離婚していた”. オリコンニュース (オリコン). (2012年11月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2018707/full/ 2020年8月8日閲覧。 
  3. ^ ご報告”. 公式ブログ. 2016年10月2日閲覧。
  4. ^ 山咲千里 業務提携のお知らせ!!”. ワイエムエヌ (2019年3月11日). 2019年3月11日閲覧。
  5. ^ 唯晩怪の部下の女吸血鬼役で、三人いるうちの一番目立つもの。セリフはないが、八戒役の西田敏行の歌と一緒に踊る印象的なシーンがある。