山善

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
株式会社山善
YAMAZEN CORPORATION
Headquarters of YAMAZEN CORPORATION.JPG
本社
種類 株式会社
機関設計 監査等委員会設置会社
市場情報
東証1部 8051
1963年9月25日上場
大証1部(廃止) 8051
2013年7月15日上場廃止
本社所在地 日本の旗 日本
東京本社 108-8217
東京都港区港南2丁目16番2号
太陽生命品川ビル12階・13階・14階
大阪本社 550-8660
大阪府大阪市西区立売堀2丁目3番16号
本店所在地 550-8660
大阪府大阪市西区立売堀2丁目3番16号
設立 1947年昭和22年)5月30日
(山善工具製販株式会社)
業種 卸売業
法人番号 1120001049040 ウィキデータを編集
事業内容 産財、住設建材及び家庭機器製品の売買、輸出入、リ-ス、代理及び仲立 他
代表者 長尾雄次(代表取締役社長兼社長執行役員CEO
野海敏安(代表取締役兼副社長執行役員)
資本金 79億0900万円
(2020年3月31日現在)[1]
発行済株式総数 9530万5435株
(2020年3月31日現在)[1]
売上高 連結: 4721億9100万円
単独: 4239億5800万円
(2020年3月期)[1]
営業利益 連結: 120億9100万円
単独: 93億9700万円
(2020年3月期)[1]
経常利益 連結: 118億9500万円
単独: 103億1500万円
(2020年3月期)[1]
純利益 連結: 81億3500万円
単独: 73億2400万円
(2020年3月期)[1]
純資産 連結: 954億3900万円
単独: 809億3300万円
(2020年3月31日現在)[1]
総資産 連結: 2303億2000万円
単独: 2058億2000万円
(2020年3月31日現在)[1]
従業員数 連結: 3077人
単独: 1711人
(2020年3月31日現在)[1]
決算期 3月31日
会計監査人 有限責任監査法人トーマツ[1]
主要株主 山善取引先持株会 9.06%
東京山善取引先持株会 6.20%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 4.95%
株式会社みずほ銀行 3.46%
株式会社りそな銀行 3.24%
山善社員投資会 2.95%
名古屋山善取引先持株会 2.55%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) 2.54%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口5) 1.65%
広島山善取引先持株会 1.59%
(2020年3月31日現在)[1]
関係する人物 山本猛夫(創業者)
外部リンク www.yamazen.co.jp ウィキデータを編集
テンプレートを表示

株式会社山善(やまぜん)は、大阪府大阪市西区に本社を置く大手専門商社工作機械・産業用機器・一般建材・家庭用機器などを取り扱う。大輪会の会員企業である[2]

概要[編集]

伊藤忠商事阪和興業岩谷産業長瀬産業稲畑産業などと並び、大阪を本拠とする在阪商社の一つとして知られる。YAMAZENのブランドで家電製品が量販店で広く販売され、とりわけ扇風機の取り扱いが多い。同社のブランドとしては他に、主にデジタル家電を扱った「Qriom(キュリオム)」、住宅設備部門の「iENOGU(イェノグ)」、アウトドアグッズを扱う「キャンパーズコレクション」がある。

毎年開催される商談会「どてらい市」は、創業者の山本猛夫をモデルにした花登筺作の小説で、テレビドラマにもなった『どてらい男』にちなんで名付けられた。社も作品中に「天守産業」として登場する。

なお、関西地区でパチンコチェーンやゴルフ場などを運営する「Yamazenグループ」(山善興産など)とは無関係である。

人感センサー搭載の山善製セラミックファンヒーター
本社所在地
  • 大阪本社:大阪府大阪市西区立売堀2丁目3番16号
  • 東京本社:東京都港区港南2丁目16番2号 太陽生命品川ビル

沿革[編集]

  • 1943年(昭和18年)11月 - 山本猛夫が前田軍治商店(現・TONE (企業))での8年の丁稚修行の後に独立、大阪工具製作所を創業。しかし半年後に召集を受けて休業。
  • 1947年(昭和22年)5月 - 山本、復員。事業を再開し、福井県福井市において工具等(現・機械工具部門)の販売を目的とする山善工具製販株式会社を設立。
  • 1951年(昭和26年)9月 - 本店を福井市より現大阪本社に移転。
  • 1955年(昭和30年)3月 - 産業機具部門(現・産業システム部門)を設置。4月 商号を山善機械器具株式会社に変更。
  • 1957年(昭和32年)7月 - 工作機械部門を設置。
  • 1958年(昭和33年)11月 - 東京支店(現・東京本社)を設置。
  • 1960年(昭和35年)9月 - 名古屋営業所(現・名古屋支社)を設置。
  • 1961年(昭和36年)1月 - 福岡営業所(現・九州支社)を設置。
  • 1962年(昭和37年)10月 - 大阪証券取引所市場第二部に上場。
  • 1963年(昭和38年)3月 - 広島営業所(現・広島支社)を設置。9月 東京証券取引所市場第二部に上場。
  • 1965年(昭和40年)
2月 - 米国現地法人(現・連結子会社、Yamazen, Inc.)を設立。
7月 - 住宅機器部門(現・住設建材部門)を設置。大阪・東京両営業本部制を採用。管理本部・海外営業本部(現・国際本部)を大阪本社に設置。
  • 1970年(昭和45年)2月 - 大阪・東京両証券取引所市場第一部に上場。
  • 1971年(昭和46年)11月 - 商号を株式会社山善に変更。
  • 1978年(昭和53年)7月 - 家庭機器部門を設置。
  • 1987年(昭和62年)3月 - ワイペック株式会社を設立。
  • 1989年(平成元年)10月 - Yamazen(Thailand)Co.,Ltd.(現・連結子会社)を設立。
  • 1990年(平成2年)
4月 - 北関東支社を設置。
6月 マレーシアに現地法人(現・連結子会社、Yamazen(Malaysia)Sdn.Bhd.)を設立。
12月 - シンガポールに現地法人(現・連結子会社、Yamazen(Singapore)Pte.Ltd.)を設立。
2月 - 台湾に現地法人(現・連結子会社、Yamazen Co.,Ltd.)を設立。
4月 - システムエンジニアリング部門設置。6月 旅行斡旋業の株式会社トラベルトピア(現・連結子会社)を買収。
  • 1992年(平成4年)10月 - イベント企画部門を切り離し、ヤマゼンクリエイト株式会社(現・連結子会社)を設立。山善綜合サービス株式会社(現・連結子会社)を設立。
  • 1993年(平成5年)4月 - 東北支社を設置。11月 ヤマゼンロジスティクス株式会社(現・連結子会社)を設立。
  • 1997年(平成9年)
4月 - Yamazen Thai Engineering Co.,Ltd.(現・連結子会社)を設立。
12月 - Yamazen Hong Kong Ltd.(現・連結子会社)を設立。
  • 1999年(平成11年)4月 - 経営企画本部を設置。7月 Yamazen (Korea) Ltd.(現・連結子会社)を設立。
  • 2002年(平成14年)7月 - Yamazen (Shanghai) Trading Co.,Ltd.(現・連結子会社)を設立。
  • 2004年(平成16年)4月 - 月家庭機器営業本部を設置。東京営業本部、北関東支社、東北支社を統合。
  • 2005年(平成17年)12月 - Yamazen (Shenzhen) Trading Co.,Ltd.(現・連結子会社)を設立。
  • 2010年(平成22年)
3月 - 環境ISO14001の認証登録サイトを国内全事業所に拡大。
4月 - システムエンジニアリング部門を国際本部に統合。
  • 2011年(平成23年)4月 - 産業システム部門と機械工具部門を統轄する機工事業部を設置。
  • 2012年(平成24年)4月 - 事業部制を導入。

グループ会社[編集]

  • ヤマゼンクリエイト株式会社
  • ヤマゼンロジスティクス株式会社
  • 株式会社トラベルトピア
  • 株式会社日本物流新聞社
  • 大垣機工株式会社
  • 株式会社プロキュバイネット

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 株式会社山善 (2020-06-26). 第74期(2019年4月1日 - 2020年3月31日)有価証券報告書 (Report). 
  2. ^ 大輪会(だいりんかい)とは - 泉佐野丘陵緑地公式サイト内のページ。

関連項目[編集]