山岡喜久男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山岡 喜久男(やまおか きくお、1915年8月10日 - 2000年2月21日)は、日本経済学者。ドイツの神学者ブルトマンの提唱した神学の研究でも知られる。

経歴[編集]

長野県諏訪郡湊村(現・岡谷市)出身。長野県諏訪中学校(現・長野県諏訪清陵高等学校)を経て、1938年早稲田大学政治経済学部卒業。1942年同大学大学院経済研究科理論経済学専攻修了、同大学非常勤講師。

千葉大学教授を経て、1964年早稲田大学教授。同大学学生部長、同大学教育学部長、同大学評議員、早稲田実業学校校長、早稲田大学常任理事、同大学名誉教授。埼玉女子短期大学学長など歴任した。1988年勲三等旭日中綬章受章。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『工業経済学概論』大明堂 1957年
  • 『アジア経済分析の方法序説』
  • 『東南アジアの近代化と日本』
  • 『低開発国工業化の過程と諸問題』評論社 1967年
  • ミュルダールのアジア研究』早稲田大学出版部 1976年
  • 『新国際経済秩序の基礎研究』早稲田大学出版部 1979年
  • 『経済学の新パラダイム序説』敬文堂 1984年

共著[編集]

  • 『アジア開発援助とシステム的研究』西野吉次共著 早稲田大学出版部 1984年
  • 『21世紀への展望』堀江忠男共著 学陽書房 1985年
  • 『平和への課題と宗教者の役割』飯坂良明眞田芳憲、勝山恭男共著 佼成出版社 2011年

翻訳[編集]

  • 『新約聖書と神話論』R.ブルトマン著 新教出版社 1980年
  • 『キリストと神話』R.ブルトマン著 小黒薫共訳 新教出版社 2008年

参照[編集]

  • 「現代物故者事典 2000〜2002」日外アソシエーツ、2003年

関連項目[編集]