山岸敬子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山岸 敬子(やまぎし けいこ、1951年 - )は、日本法学者。専門は行政法明治大学大学院法務研究科教授。宗教法人審議会委員、会計検査院情報公開・個人情報保護審査会会長代理、愛知県収用委員会会長等を歴任。

人物・経歴[編集]

長野県長野市出身[1]大阪大学法学部卒業[2]一橋大学大学院法学研究科博士後期課程研究指導認定退学[2]。一橋大学博士(法学)[2]中京大学法学部長・教授を経て[3][1]、2013年明治大学大学院法務研究科教授[4][2]。元日本公法学会理事[4]

行政法が専門で、行政訴訟を研究テーマとする[2]文部科学省宗教法人審議会委員[5]会計検査院情報公開・個人情報保護審査会会長代理[6]東京消防庁火災予防審議会委員[7]愛知県収用委員会会長[6]、愛知県特別職報酬等審議会会長[8]等を歴任。

著作[編集]

著書[編集]

  • 『行政権の法解釈と司法統制』(勁草書房、1994年)
  • 『客観訴訟の法理』(勁草書房、2004年)

訳書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「著者紹介」『客観訴訟の法理』
  2. ^ a b c d e 「山岸 敬子」明治大学
  3. ^ [1]
  4. ^ a b 「山岸 敬子」researchmap
  5. ^ [2]
  6. ^ a b [3]明治大学
  7. ^ [4]
  8. ^ [5]