山崎つる子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山崎 つる子(やまざき つるこ、1925年 - 2019年6月12日)は、日本画家

経歴[編集]

1925年兵庫県芦屋市に生まれる。家族構成は両親と兄と姉と妹。甲南高等女学校を経て、小林聖心女子学院に進む[1]1946年、芦屋市の美術講習会で吉原治良に出会い、指導を受けるようになる。1948年、小林聖心女子学院を卒業。1954年具体美術協会の結成に参加。1972年の解散まで同協会に在籍した[2]1975年吉村益信の呼びかけで結成された「アーティスト・ユニオン」に参加[2][3]

ストライプを基調としたカラフルな抽象画や、ブリキや透明な支持体を使用した作品、野外具体美術展(1956年)で展示した観客が中に入れる形状の『赤』などが知られる[1]

2019年6月12日、肺炎のため死去[4]。94歳没。

主な展覧会[編集]

  • 2004年 - リフレクション 山崎つる子 (於・芦屋市立美術博物館
  • 2007年 - 移転開廊記念展 山崎つる子-具体から現代- (於・LADS GALLERY)
  • 2008年 - Rose is a Rose is a Rose 草間彌生田中敦子・山崎つる子三人展 (於・ベルギー、2009年まで)
  • 2013年 - 個展 (於・タケニナガワ)[5]

脚注[編集]