山崎まどか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山崎 まどか
誕生 1970年(48–49歳)
日本の旗 日本東京都
職業 コラムニスト翻訳家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 清泉女子大学文学部卒業
活動期間 1986年 -
主題 サブカルチャー少女文化映画評論
代表作 『オードリーとフランソワーズ』ほか
デビュー作 『ビバ! 私はメキシコの転校生』
公式サイト Romantic au go! go!
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

山崎 まどか(やまさき まどか、1970年 - [1])は、日本コラムニストライター翻訳家東京都出身。清泉女子大学文学部卒業[2][3]

「乙女カルチャー」[4]を標榜し、少女文化若者文化映画音楽などの紹介を中心にさまざまなメディアで文章を書いている。

父親は東京経済大学名誉教授で、翻訳家の山崎カヲル、母親はライター翻訳家・ヴォイスヒーラーの渡邊満喜子(山崎満喜子名義でも著書・訳書がある。2009年没[5][3]

来歴・人物[編集]

小学生の頃、父親の仕事の関係で2年間メキシコで暮らし、リウス夫妻の設立した現地のフリースクール「トラウィカ学園」で学ぶ。3年生で帰国後は公立小学校へ通うが、いじめを受け不登校となり4年生で[6]学校法人明星学園に転校。このときの体験を1986年、15歳の時に『ビバ! 私はメキシコの転校生』と題し手記として出版した。鴻上尚史による『朝日新聞』での同書の紹介をきっかけにマスコミに注目され、中森明夫による「女子中学生文化人」や「新々人類」のキャッチフレーズとともに『ホットドッグ・プレス』などの各種メディアに取り上げられた[7]。高等学校卒業まで同学園に通い[6]、清泉女子大学在学時より雑誌『朝日ジャーナル』でライターとして活動しはじめる[4]

1998年に自身のウェブサイトを開設[4][8]。雑誌『Olive』で2001年から連載(「東京プリンセス」、『オリーブ少女ライフ』に収録)を持つなどコラムを手掛けるようになり、2002年に単行本『オードリーとフランソワーズ』を刊行[4][8]

FRaU』、『VOGUE NIPPON』、『25ans』、『CDジャーナル』、『STUDIO VOICE』、『暮しの手帖』、『本の雑誌』など、多数の雑誌で映画、音楽、ファッションをはじめとするサブカルチャー洋書などの紹介コラムを執筆している。

『Olive』周辺を初めとする少女文化や、アメリカの学園文化への幅広い知識とこだわりを持つ。

小説家の柚木麻子とは著書の帯にコメントを寄せられるなどの親交がある[9]

2013年より、講談社アイドルオーディションミスiD」選考委員を務める。

単行本[編集]

単著[編集]

  • ビバ! 私はメキシコの転校生 - 「幸福」をおしえてくれた自由学校(1986年、偕成社)ISBN 4036341006
  • NOVAの日の鈴木さん 海外ショッピング - 鈴木さんロスに行く(1996年、NOVA)ISBN 978-4931386051
  • NOVAの日の鈴木さん 海外危機一髪!! - トラブル発生時のエマージェンシー辞典(1997年、NOVA)ISBN 978-4931386068
  • オードリーとフランソワーズ 乙女カルチャー入門(2002年、晶文社)ISBN 978-4794965189
  • ブック・イン・ピンク おしゃれ古本ガイド(2004年、晶文社)ISBN 978-4794966032
  • 乙女日和(2005年、アスペクト)ISBN 978-4757211230
  • 山崎まどかが選ぶ! 映画で覚えるクラシック名曲(2005年、学習研究社)ISBN 978-4054027954
  • 女子映画スタイル ときめきのガールズ・ムーヴィ(2006年、講談社)ISBN 978-4062136075
  • イノセント・ガールズ 20人の最低で最高の人生(2011年、アスペクト)ISBN 978-4757218932
  • 女子とニューヨーク(2012年、メディア総合研究所)ISBN 978-4-944124-57-2
  • 「自分」整理術 好きなものを100に絞ってみる(2014年、講談社)ISBN 978-4062189521
  • オリーブ少女ライフ(2014年10月、河出書房新社)ISBN 978-4-309-02331-1
  • 優雅な読書が最高の復讐である 山崎まどか書評エッセイ集(2018年6月、DU BOOKS)

共著・編著[編集]

  • ハイスクールU.S.A. - アメリカ学園映画のすべて(長谷川町蔵と共著、2006年、国書刊行会)ISBN 978-4336047489
  • 90年代アメリカ映画100(大場正明監修、2012年、芸術新聞社〈アメリカ映画100シリーズ〉)ISBN 978-4875863151
    • 対談:山崎まどか×金原由佳「私たちの90年代アメリカ映画」収録
  • ブルックリン・ネイバーフッド NYローカル・ガイド(赤木真弓ほか、2012年、スペースシャワーネットワークP-Vine Books〉)ISBN 978-4906700288
    • コラム「映画でブルックリンを歩けば」収録
  • オフィシャル・プレッピー・ハンドブック True Prep(日本版監修、リサ・バーンバック、チップ・キッド:著、篠儀直子訳 2012年、スペースシャワーネットワーク〈P-Vine Books〉)ISBN 978-4906700387
  • インディ・ポップ・レッスン: Twee Grrrls Clubのフェイバリット・ディスクガイド(Twee Grrrls Clubほかと共著、2012年、DU BOOKS)ISBN 978-4925064606
  • 英国男子 EYESCREAM2014年3月号増刊(監修、2014年、スペースシャワーネットワーク)
  • トム・クルーズ キャリア、人生、学ぶ力(2014年、フィルムアート社)ISBN 978-4845913237
  • ぱっちり、朝ごはん(アンソロジーエッセイ集、2015年4月、河出書房新社〈おいしい文藝〉)ISBN 978-4309023755 - 「朝ごはん日和」収録
  • ヤング・アダルトU.S.A. ポップカルチャーが描く「アメリカの思春期」(長谷川町蔵と共著、2015年8月、DU BOOKS)ISBN 978-4907583569
  • ROOKIE YEARBOOK ONE(タヴィ・ゲヴィンソン:著、多屋澄礼:監修・翻訳、2015年11月、DU BOOKS)ISBN 978-4907583682 - 日本語版まえがき
  • ハリウッド男子(長谷川町蔵と共同監修、2016年7月、ぴあ〈ぴあMOOK〉)ISBN 978-4835631264
  • ハリウッド女子(長谷川町蔵と共同監修、2016年7月、ぴあ〈ぴあMOOK〉)ISBN 978-4835631042
  • 断髪女中 ──獅子文六短篇集 モダンガール篇 (編集担当、2018年7月、ちくま文庫)

翻訳[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Book Japan:レビュワー一覧 山崎まどか 2011年7月24日参照
  2. ^ 山崎まどか (2005年6月). “山崎 まどかさんインタビュー”. ブックサービス. 2015年1月18日閲覧。
  3. ^ a b 永江, 朗 『新・批評の事情』 原書房、2007年、223-228頁。ISBN 978-4-562-04074-2。
  4. ^ a b c d SHOT Magazine:山崎まどかさんに聞く「女子の読書道」”. SHOT Magazine (2009年7月30日). 2012年5月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年7月30日閲覧。
  5. ^ お知らせ(2009年9月13日)、Romantic au go! go!、2013年10月18日閲覧。
  6. ^ a b 山崎 2014, p. 65.
  7. ^ 山崎 2014, pp. 48-50.
  8. ^ a b 山崎まどか (2006年10月1日). “ネットによって好きなことが仕事になる/山崎まどかさん〈1〉”. 日経トレンディネット. 日経BP. 2015年1月18日閲覧。
  9. ^ 山崎まどか『女子とニューヨーク』 (メディア総研出版部)”. メディア総合研究所. 2013年12月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年8月25日閲覧。

参考文献[編集]