山崎剛太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山崎 剛太郎(やまさき こうたろう、1917年12月16日 - )は、日本の詩人、フランス文学の翻訳家。

来歴[編集]

福岡県生まれ。早稲田大学仏文科卒。在学中加藤周一福永武彦らの『マチネ・ポエティク』同人となり、卒業後外務省勤務を経て東宝東和に入社し、『大いなる幻影』など多数のフランス映画の字幕翻訳を行う。調布学園女子短期大学教授、早稲田大学講師を歴任した。1979年、フランス政府より芸術文化勲章シュヴァリエを受勲。1990年、フランス政府より芸術文化勲章オフィシエを受勲される。

著書[編集]

  • 『薔薇物語』雪華社、1985年7月、ISBN 978-4792802165
  • 『一秒四文字の決断 セリフから覗くフランス映画』春秋社2003年5月、ISBN 978-4393495278
  • 『夏の遺言 詩集』水声社2008年10月、ISBN 978-4891767013
  • 『詩集 薔薇の柩 付・異国拾遺』水声社、2013年7月
  • 『薔薇の晩鐘 付・落日周辺』春秋社、2017年12月

翻訳[編集]