山崎小五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山崎 小五郎
Yamazaki Kogoro.JPG
1953年
生誕 1905年11月10日
日本の旗 日本 福岡県
死没 (1976-08-02) 1976年8月2日(70歳没)
日本の旗 日本 東京都
所属組織 No image available.svg 海上警備隊
Flag of Coastal Safety Force of Japan 2012-03-04.jpg 警備隊
Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊
軍歴 1952 - 1954
最終階級 JMSDF Vice Admiral insignia (a).svg 海上幕僚長たる海将
除隊後 運輸事務次官
テンプレートを表示

山崎 小五郎(やまざき こごろう、1905年明治38年)11月10日 - 1976年昭和51年)8月2日)は、日本海上自衛官、旧逓信省運輸省官僚。第24代運輸事務次官、初代海上幕僚長海上保安庁次長

Y委員会の一員として海上自衛隊の創設に尽力し、MSA協定に基づく日米艦船貸与協定を締結、護衛艦の国産を開始。コーストガードからネイビーへの橋渡しを終えて運輸省へ戻り事務方の頂点に就任する。

経歴[編集]

福岡県出身。山崎迂太郎の五男として生まれる。東筑中学第七高等学校造士館を経て、1931年(昭和6年)3月、東京帝国大学法学部法律学科を卒業。1929年(昭和4年)12月に高等試験司法科試験1930年(昭和5年)10月、高等試験行政科試験にそれぞれ合格。1931年4月、逓信省に入り逓信局書記兼通信書記として深川郵便局に配属。

その後、大津郵便局長、華北電政総局経理局主計課長、華北電信電話株式会社経理部主計課長、大阪逓信局無線課長、逓信省貯金局事務官兼逓信事務官、東京都市逓信局放送部長、電気庁第一部監督課長、兼電気庁長官官房総務課長、電気局総務課長、運輸通信書記官・海運総局船員局整備課長などを歴任し、終戦を迎えた。

1946年(昭和21年)2月、運輸省海運総局官房総務長に就任。以後、不法入国船舶監視副本部長、海上保安庁保安局長、経済安定本部部員、同建設交通局次長、海上保安庁次長などを歴任。1952年(昭和27年)4月、海上警備隊に転じ、その後、初代海上幕僚長を務めた後、運輸事務次官に就任した。

年譜[編集]

  • 1931年(昭和6年)3月:東京帝国大学を卒業。同年4月:逓信省に入省。
  • 1951年(昭和26年)5月15日:海上保安庁次長に就任[1]
  • 1952年(昭和27年)4月26日:海上警備隊発足、海上警備官に任命、海上警備監に叙され海上警備隊総監に就任[2]
8月1日:保安庁警備隊が発足、第二幕僚長に就任。
8月3日:海上幕僚長を退任、防衛庁から運輸省へ転籍。第24代運輸事務次官に就任。
  • 1956年(昭和31年)2月:運輸事務次官辞任
7月:福岡県から自由民主党公認で参議院議員選挙に立候補するが落選。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』本紙第7304号(昭和26年5月18日)
  2. ^ 『官報』本紙第7593号(昭和27年5月1日)
  3. ^ 『官報』本紙第14888号(昭和51年8月21日)
  4. ^ 『官報』本紙第14887号(昭和51年8月20日)

参考文献[編集]

  • 世界の艦船』2002年5月増刊号 海上自衛隊の50年(海人社)
  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。