山崎巌 (脚本家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
やまざき がん
山崎 巌
本名 山崎 岩男 やまざき いわお
生年月日 (1929-11-04) 1929年11月4日
没年月日 (1997-03-08) 1997年3月8日(67歳没)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市
死没地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市中区
職業 脚本家小説家
ジャンル 映画テレビ映画小説
配偶者 山崎洋子
主な作品
映画
小林旭主演「渡り鳥シリーズ」
テレビ映画
大江戸捜査網
プレイガール
小説
『夢のぬかるみ』

山崎 巌(やまざき がん、1929年11月4日[1] - 1997年3月8日)は、日本の脚本家小説家である。

人物・来歴[編集]

1929年(昭和4年)11月4日神奈川県横浜市に生まれる[1]

第二次世界大戦終了後、明治大学専門部文科を卒業し、化粧品をセールスしたり、通訳を務めたり、 1950年(昭和25年)6月に勃発した朝鮮戦争で設立された特需会社、あるいは相互金融会社に勤務した[1]

1955年(昭和30年)、同年下村明が発表した小説『黒帯三国志』[2]の映画化に参加、松浦健郎谷口千吉とともに脚色した。同作は、谷口が監督、東宝が製作して、翌1956年(昭和31年)1月29日に公開され、映画脚本家としてデビューした[3]。デビュー第2作は、同年、ひきつづき松浦とともに宮本幹也の小説『大学の石松』を脚色、伊賀山正徳が監督し、東映東京撮影所が製作、東映が配給して同年5月18日に公開された[4]

オリジナルシナリオ『浮草の宿』が日活に採用され、鈴木清太郎(現在の鈴木清順)が監督し、1957年(昭和32年)1月9日に公開される[5]。同年、日活と脚本家として専属契約を結んだ。以降、1970年(昭和45年)、日活を退社、フリーランスとなるまでに、100本を超える脚本を執筆した[6]

1991年(平成3年)、新潮社から時代小説『五稜郭へ六万両』を書き下ろしで上梓、小説家としてデビューする。1993年(平成5年)には自伝的小説『夢のぬかるみ』を同社から上梓する。

1997年(平成9年)3月8日、横浜市中区の横浜掖済会病院で尿管癌のため死去した。満67歳没。妻は小説家の山崎洋子[7]

フィルモグラフィ[編集]

初期[編集]

1956年

日活[編集]

1957年
  • 『浮草の宿』 : 監督鈴木清太郎(鈴木清順) - 原作・脚本
  • 『十代の罠』 : 監督野口博志
1957年
  • 『乳房と銃弾』 : 監督野口博志
  • 『夜霧の第二国道』 : 監督舛田利雄
  • 『羽田発7時50分』 : 監督舛田利雄
  • 『大阪娘と野郎ども』 : 監督春原政久、共同脚本柳沢類寿
  • 『第3号倉庫』 : 監督小林桂三郎
  • 『東京午前三時』 : 監督小杉勇 - 原作・脚本
  • 『危険な群像』 : 監督野口博志
1959年
1960年
  • 口笛が流れる港町』 : 監督斎藤武市、脚本松浦健郎 - 原作
  • 『傷だらけの掟』 : 監督阿部豊、共同脚本野村孝
  • 拳銃無頼帖 抜き射ちの竜』 : 監督阿部豊
  • 『海から来た流れ者』 : 監督山崎徳次郎、共同脚本大川久男
  • 『六三制愚連隊』 : 監督・共同脚本西河克己
  • 渡り鳥いつまた帰る』 : 監督斎藤武市、共同脚本大川久男
  • 『海を渡る波止場の風』 : 監督山崎徳次郎、共同脚本大川久男
  • 『俺は銀座の騎兵隊』 : 監督野口博志
  • 赤い夕陽の渡り鳥』 : 監督斎藤武市、共同脚本大川久男
  • 『若い突風』 : 監督・共同脚本西河克己
  • 拳銃無頼帖 不敵に笑う男』 : 監督野口博志
  • 『南海の狼火』 : 監督山崎徳次郎
  • 『英雄候補生』 : 監督牛原陽一
  • 大草原の渡り鳥』 : 監督斎藤武市
  • 『竜巻小僧』 : 監督・共同脚本西河克己
  • 『大暴れ風来坊』 : 監督山崎徳次郎、脚本中久保信成・市川佐登志 - 構成
  • 『くたばれ愚連隊』 : 監督鈴木清順
  • 『俺の故郷は大西部』 : 監督西河克己
1961年
  • 波濤を越える渡り鳥』 : 監督斎藤武市
  • 『街から街へつむじ風』 : 監督松尾昭典、共同脚本山田信夫
  • 『夜の挑戦者』 : 監督野口博志
  • 『東京騎士隊』 : 監督鈴木清順
  • 『破れかぶれ』 : 監督蔵原惟繕、脚本山田信夫・阿部桂一 - 原作
  • 『早射ち野郎』 : 監督野村孝
  • 『風に逆らう流れ者』 : 監督山崎徳次郎
  • 大海原を行く渡り鳥』 : 監督斎藤武市
  • 有難や節 あゝ有難や有難や』 : 監督西河克己
  • 北上夜曲』 : 監督中島義次、共同脚本竹森竜馬
  • 『闇に流れる口笛』 : 監督牛原陽一、共同脚本安東穂夫
  • 『赤い荒野』 : 監督野口博志、共同脚本安東穂夫
  • 『大森林に向って立つ』 : 監督野村孝、共同脚本吉田憲二
  • 『波止場気質』 : 監督山崎徳次郎、共同脚本安東穂夫
  • 『紅の銃帯』 : 監督小杉勇、共同脚本中西隆三
  • 『黒い傷あとのブルース』 : 監督・共同脚本吉田憲二
1962年
  • 北帰行より 渡り鳥北へ帰る』 : 監督斎藤武市
  • 『抜き射ち風来坊』 : 監督小杉勇
  • 『激流に生きる男』 : 監督・共同脚本吉田憲二、共同脚本野村孝
  • 『借別の歌』 : 監督野口博志、共同脚本山野良夫
  • 『ひとり旅』 : 監督斎藤武市、共同脚本中西隆三
  • 『金門島にかける橋』 : 監督松尾昭典、共同脚本江崎実生、日活・中央電影
1963年
1964年
1965年
  • さすらいは俺の運命』 : 監督・共同脚本井田探
  • 『三匹の野良犬』 : 監督牛原陽一
  • 『怪盗X 首のない男』 : 監督小杉勇
  • 『マカオの竜』 : 監督・共同脚本江崎実生
1966年
  • 『放浪のうた』 : 監督野村孝、共同脚本中野顕彰・野村孝
  • 『三匹の牝猫』 : 監督井田探
  • 『アジア秘密警察』 : 監督松尾昭典
1967年
  • 星よ嘆くな 勝利の男』 : 監督・共同脚本舛田利雄
  • 大巨獣ガッパ』 : 監督野口晴康、共同脚本中西隆三
  • 『夕陽が泣いている』 : 監督森永健次郎
  • 『七人の野獣』 : 監督・共同脚本江崎実生 - 原作・脚本
  • 錆びたペンダント』 : 監督・共同脚本江崎実生
  • 『七人の野獣 血の宣言』 : 監督・共同原作・共同脚本江崎実生 - 原作・脚本
  • 『黄金の野郎ども』 : 監督・共同脚本江崎実生
1968年
  • 『星影の波止場』 : 監督西村昭五郎
  • 『男の掟』 : 監督・共同脚本江崎実生
  • 『女浮世風呂』 : 監督井田探、青山プロ / 日活
  • 無頼非情』 : 監督・共同脚本江崎実生
  • 『ある色魔の告白 色欲の果て』 : 監督江崎実生、青山プロ / 日活
  • 『秘帳 女浮世草紙』 : 監督井田探、青山プロ / 日活
  • 『BG・ある19才の日記 あげてよかった!』 : 監督丹野雄二、共同脚本才賀明
1969年
  • 『地獄の破門状』 : 監督・共同脚本舛田利雄
  • 『女番長 仁義破り』 : 監督江崎実生
  • 『やくざ渡り鳥 悪党稼業』 : 監督江崎実生
  • 博徒百人』 : 監督野村孝
  • 『あらくれ』 : 監督長谷部安春
  • 『残酷おんな私刑』 : 監督丹野雄二
  • 『昇り竜やわ肌開張』 : 監修石井輝男、監督葛生雅美
  • 『さくら盃 仁義』 : 監督内川清一郎、ニューセンチュリー / 日活
  • 『博徒百人 仁侠道』 : 監督野村孝
  • 傷害恐喝 前科十三犯』 : 監督松尾昭典、共同脚本西田一夫
  • やくざ番外地 抹殺』 : 監督柳瀬観、共同脚本西田一夫
1970年
  • 残酷おんな情死』 : 監督西村昭五郎、共同脚本下川正
  • ハレンチ学園』 : 監督丹野雄二、共同脚本鴨井達比古、日東プロ・ピロ企画 / 日活
  • 『鮮血の記録』 : 監督野村孝、共同脚本山口清一郎、日活 / ダイニチ映配
  • 『ハレンチ学園 身体検査の巻』 : 監督丹野雄二、共同脚本鴨井達比古、日活 / ダイニチ映配
  • 『一度は行きたい女風呂』 : 監督江崎実生、日活 / ダイニチ映配
  • 『女子学園 悪い遊び』 : 監督江崎実生、日活 / ダイニチ映配

フリーランス[編集]

1971年
1973年
  • 『高校生無頼控 感じるウ~ムラマサ』 : 監督・共同脚本江崎実生、国際放映東宝
1976年

テレビ映画[編集]

ビブリオグラフィ[編集]

国立国会図書館蔵書[8]

  • 『五稜郭へ六万両』、新潮社(新潮書下ろし時代小説)、1991年 - 単著
  • 『夢のぬかるみ』、新潮社、1993年 - 単著
  • 『時代小説最前線 3』、編平岩弓枝、新潮社、1994年 - 『勝海舟探索控米欧回覧笑記』収録
  • 『時代小説五十人集 下』、編集・出版新潮社、1995年 - 『勝海舟探索控華魁小紫』収録
  • 『爆殺航路』、PHP研究所、1995年 - 単著
  • 『市井図絵』、編集・出版新潮社、1997年 - 『勝海舟探索控太陽暦騒動』収録
  • 『士魂の光芒』、編集・出版新潮社(新潮文庫)、1997年 - 『勝海舟探索控米欧回覧笑記』収録

[編集]

  1. ^ a b c 『日本映画の模索 - 講座日本映画 6』、編著今村昌平新藤兼人山田洋次佐藤忠男鶴見俊輔岩波書店、1987年 ISBN 4000102567, p.193.
  2. ^ 黒帯三国志国立国会図書館、2010年1月22日閲覧。
  3. ^ 黒帯三国志日本映画データベース、2010年1月22日閲覧。
  4. ^ 大学の石松、日本映画データベース、2010年1月22日閲覧。
  5. ^ 浮草の宿、日本映画データベース、2010年1月22日閲覧。
  6. ^ 山崎巌、日本映画データベース、2010年1月22日閲覧。
  7. ^ 山崎洋子、直木賞のすべて、2010年1月22日閲覧。
  8. ^ OPAC NDL 検索結果、国立国会図書館、2010年1月22日閲覧。