山崎忠昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山崎 忠昭(やまざき ただあき、1936年9月15日 - 1999年8月)は、日本の脚本家、放送作家。通称「ヤマチュー」。

人物[編集]

新潟県出身。新潟時代は、「新潟映研」で佐藤忠男の面識を得る。

早稲田大学文学部演劇学科卒業後、大学院に進むが中退。早稲田大学時代はワセダミステリクラブの創設に参加し、卒業論文のテーマは「1950年代のアメリカSF小説」で、当時はほとんど未訳であったハインラインブラッドベリブラウンスタージョン等の作品を論じた。

1960年から、フリーの立場で日活の無国籍アクションの脚本・企画にかかわるようになり、池田一朗に師事。『明日が私に微笑みかける』で脚本家デビューする。代表作に、鈴木清順監督の『野獣の青春』、岡本喜八監督の『殺人狂時代』(日活用に書いた脚本がボツとなり東宝で映画化された)と、日本映画史に残るカルト映画がある。

その後、テレビの世界に活躍の舞台を移し、黎明期のテレビアニメの世界で『ハリスの旋風』『巨人の星』『ムーミン』『ルパン三世』などの脚本にかかわる。多くの作品でその第一話を担当した。

奇妙なギャグを考える才能が有名で[1]九ちゃん!』などのバラエティに参加。『ウィークエンダー』などのワイドショーの台本も担当した。

ワイドショーの仕事に参加している間に、親しく仕事をしていたアニメのプロデューサーが世代交代し、晩年は脚本の仕事がなく、宗教雑誌の編集を手伝ってなんとかしのいでいたという。独身で身寄りがなかったため、葬儀は福祉事務所により行われた[2]

1995年の地下鉄サリン事件後、事件の参考試写で『殺人狂時代』を見た公安警察がその内容を不審がり、脚本を務めた山崎の元を訪ねてきたことがあったという[3]

脚本[編集]

実写映画[編集]

  • 俺の血が騒ぐ 監督:山崎徳次郎 (1961) 原案
  • 天に代りて不義を討つ 監督:吉村廉 (1961) 原作  
  • 明日が私に微笑みかける(松岡清治と共同) 山内亮一監督 1961
  • 黒いダイス(池田一朗と共同) 牛原陽一監督 1962
  • かっこいい若者たち(池田一朗と共同) 監督:弓削太郎 (1962)  
  • 危いことなら銭になる(池田一朗と共同) 中平康監督 1962
  • 野獣の青春(池田一朗と共同) 鈴木清順監督 1962
  • サラリーマン物語 勝ってくるぞと勇ましく 監督:吉村廉 (1963) 原作  
  • 黒い賭博師 悪魔の左手(小川英と共同) 中平康監督 1966
  • 殺人狂時代(小川英と共同) 岡本喜八監督 1967
  • 主婦の体験レポート 続おんなの四畳半(松岡清治と共同)武田一成監督 1975
  • トルコ風呂(秘)外伝 尼僧極楽(松岡清治と共同) 白鳥信一監督 1975

アニメーション[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ・人形劇[編集]

著書[編集]

  • 悪魔がねらっている 朝日ソノラマ, 1971
  • 日活アクション無頼帖 高崎俊夫編 ワイズ出版, 2007.9

参考文献[編集]

  • 山崎忠昭『日活アクション無頼帖』ワイズ出版、2007年

出典[編集]

  1. ^ 小林信彦『テレビの黄金時代』文藝春秋、2002年、p175,182
  2. ^ 雪室俊一『テクマクマヤコン ぼくのアニメ青春録』バジリコ、2005年、p.210-211.
  3. ^ 〈元祖オタク〉のシナリオライター、山崎忠昭について 高崎俊夫の映画アットランダム
  4. ^ デビルマン”. 東映アニメーション. 2016年6月1日閲覧。
  5. ^ ドロロンえん魔くん”. 東映アニメーション. 2016年6月4日閲覧。