山崎柄根

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山崎柄根(やまざき つかね、1939年3月2日- )は、日本の昆虫学者、東京都立大学名誉教授。

略歴[編集]

東京生まれ。東京教育大学理学部動物学科卒、1968年同大学院博士課程修了、「本州産高山性ヒナバッタ属昆虫の分類学的解析」で理学博士。東京都立大学理学部助教授、教授。2004年定年退官、名誉教授となる。1992年『鹿野忠雄』で日本エッセイストクラブ賞受賞[1]。2017年受勲。

著書[編集]

  • 『学研のはてなずかん [5]昆虫』学習研究社 1975
  • 『学研の図鑑 [33]世界の昆虫』学習研究社 1977
  • 『学研の写真図鑑 [9]バッタ』学習研究社 1978
  • 『とのさまばった』(フレーベルの科学えほん) 赤勘兵衛 絵. フレーベル館 1979
  • 講談社カラー科学大図鑑 A-28 バッタ・コオロギ』1981
  • 『鹿野忠雄 台湾に魅せられたナチュラリスト』平凡社 1992

翻訳[編集]

  • ディヴィッド・バーニー『動物の生殖 新しい命の始まりを模型断面でみる』(しくみ発見博物館 遠藤秀紀,武田正倫共訳 丸善 1998.
  • ティリーザ・グリーナウェイ『毒をもつ動物 自然が生みだした驚異の武器を模型断面でみる (しくみ発見博物館 遠藤秀紀, 武田正倫共訳 丸善 1998

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』1987、2002