山崎森

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山崎 森(やまざき しげる、1924年(大正13年)1月1日 - )は、日本の詩人カウンセラー佐賀県武雄市生まれ。1952年九州大学法学部卒。横浜家庭裁判所家事調停委員、東京家庭裁判所、横浜家裁で調査員、大学講師をへて、国際カウンセリング協会主任研究員。

著書[編集]

  • 『危険海域 山崎森詩集』現幻社、1966
  • 『喪失と攻撃 子供は暴力で訴える』立花書房、1983
  • 『いじめの構図』ぎょうせい、1985
  • 『石の曼陀羅 山崎森詩集』詩画工房、1991
  • 『青少年の問題行動の分析 愛と拒否の死角』立花書房、1993
  • 『舷灯 山崎森詩集』詩画工房、1997
  • 『航跡 山崎森詩集』詩画工房、2000
  • Persona non grataの歌 山崎森詩集』詩画工房、2003
  • タクラマカン沙漠へ 山崎森詩集』詩画工房、2006
  • 『石の狂詩曲 山崎森詩集』横浜詩人会、2007 横浜詩人会創立50周年記念第6次ネプチューンシリーズ
  • 『ラピスラズリーの空へ 山崎森詩集』詩画工房、2009
  • 『ペンペン草の旅 山崎森詩集』詩画工房、2011
共著
  • 『少年暴力の背景と予防』桧山四郎共著 ぎょうせい、1981

参考[編集]

  • 『現代日本人名録』2002年