山崎真 (サッカー選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山崎 真 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ヤマザキ マコト
ラテン文字 YAMAZAKI Makoto
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1970-10-31) 1970年10月31日(49歳)
出身地 鹿児島県
身長 172cm
体重 72kg
選手情報
ポジション DF[1] / MF[2]
利き足 右足
ユース
1986-1988 鹿児島県立大口高校
1989-1992 鹿屋体育大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1993-1994 浦和レッドダイヤモンズ 6 (0)
1995 東京ガス 19 (4)
1996 プリマハム土浦 0 (0)
1997 水戸ホーリーホック 16 (2)
監督歴
2004-2005 モンテディオ山形ユース
2006 モンテディオ山形JY庄内
2007 秋田県国体成年女子
2008 アルビレックス新潟U-13
2009-2012 サンフレッチェ広島ユース (コーチ)
2011 →広島県国体少年男子 (兼務)
2013-2015 産業能率大学 (コーチ)
2016 名古屋グランパスU-18
2017 名古屋グランパスU-18 (コーチ)
2018 アルビレックス新潟レディース
2019- オルカ鴨川FC
1. 国内リーグ戦に限る。2009年2月6日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

山崎 真(やまざき まこと、1970年10月31日 - )は、鹿児島県出身の元サッカー選手、指導者。現在はなでしこリーグに所属するオルカ鴨川FCの監督。

来歴[編集]

現役時代[編集]

鹿屋体育大学在学時には攻撃的ミッドフィールダーとして活躍し、4年次に九州大学リーグのアシスト王と最優秀選手を受賞。

大学卒業後、1993年にJリーグ浦和レッドダイヤモンズに入団。同期に池田太西野努池田伸康らがいる。シーズン序盤は怪我で出遅れたが、同年9月3日のNICOSシリーズ、ヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)戦でリーグデビューを飾ると左DF(サイドバック)として出場を続けた[1]。しかし1994年は杉山弘一に同ポジションを奪われ出場機会を得られなかった。

1995年、ジャパンフットボールリーグ(JFL)・東京ガスサッカー部(現・FC東京)へ移籍。1996年には関東リーグ・プリマハムFC土浦に移籍し、JFL昇格に貢献。翌1997年に発足した水戸ホーリーホックにもMFとして所属。同年をもって現役を引退。

指導者時代[編集]

大分トリニータ強化担当を経て、1999年に古巣FC東京へ復帰[2]。普及部コーチ及びトップチーム強化担当を務め、新人発掘やスカウトに尽力した[2]

その後はモンテディオ山形[3][4]アルビレックス新潟[5]の育成組織で指導。2006年、JFA指導者A級ライセンス取得[6]

2009年、サンフレッチェ広島ユースコーチに就任。2011年山口国体において、サッカー少年男子広島選抜監督として3位入賞した[7]

2018年シーズン、なでしこリーグに所属するアルビレックス新潟レディースの監督に就任した[8]

2019年、オルカ鴨川FCの監督に就任した[9]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1993 浦和 - J 6 0 4 0 2 0 12 0
1994 0 0 0 0 0 0 0 0
1995 東京ガス 22 旧JFL 19 4 - 1 0 20 4
1996 P土浦 関東1部 0 0 - 1 0 1 0
1997 水戸 24 旧JFL 16 2 - 0 0 16 2
通算 日本 J 6 0 4 0 2 0 12 0
日本 旧JFL 35 6 - 2 0 37 6
日本 関東 -
総通算

指導歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b R-FILE:1993 選手出場記録 浦和レッドダイヤモンズ
  2. ^ a b c スタッフ紹介”. 2002年12月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年5月28日閲覧。 FC東京
  3. ^ a b スポーツ山形21 育成普及新スタッフ体制のお知らせ”. 2004年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月10日閲覧。 モンテディオ山形 (2004年4月2日)
  4. ^ a b モンテディオ山形 下部組織新体制のお知らせ”. 2006年4月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月10日閲覧。 モンテディオ山形 (2006年2月24日)
  5. ^ a b c d e f g h アルビレックス新潟ジュニアユース新体制決定のお知らせ アルビレックス新潟 (2008年1月10日)
  6. ^ 2005(平成17)年度 公認A級コーチ養成講習会 判定結果【52名】 日本サッカー協会 (2006年5月1日)
  7. ^ 【山口国体】広島、終了間際に執念の決勝弾 サッカー少年男子”. 中国新聞 (2011年10月7日). 2011年10月10日閲覧。
  8. ^ アルビレックス新潟レディース 山崎 真監督 就任のお知らせアルビレックス新潟公式サイト.2017.12.28付、2018年1月27日閲覧。
  9. ^ “2019シーズン チーム体制のお知らせ” (プレスリリース), オルカ鴨川FC, (2019年1月29日), http://www.orcakamogawafc.com/news/news_402.html 2019年3月23日閲覧。 
  10. ^ 2016年名古屋グランパスチーム体制のお知らせ 名古屋グランパス (2016年1月14日)

参考文献[編集]

関連項目[編集]