山崎章弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「山﨑章弘」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
山﨑 章弘
和歌山ファイティングバーズ 監督 #66
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県和歌山市
生年月日 (1961-05-02) 1961年5月2日(57歳)
身長
体重
182 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手一塁手
プロ入り 1979年 ドラフト2位
初出場 1986年6月28日
最終出場 1988年10月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

山﨑 章弘(やまさき あきひろ、1961年5月2日 - )は、和歌山県和歌山市出身の元プロ野球選手捕手)、野球指導者。

来歴・人物[編集]

育英高等学校では甲子園に出場できなかったが、強打の捕手として知られ、公式戦通算16本塁打を放つ。

1980年ドラフト2位で読売ジャイアンツに入団。1982年にはジュニアオールスターにも選出される。しかし山倉和博らの陰に隠れ、なかなか一軍に上がれなかった。1986年に一軍初出場。同年9月24日の広島戦で原辰徳津田恒実からファウルを打った際に手首を骨折した時には、カウントの途中で原の代打として出場した。結果は1球目で見逃し三振に倒れている。1987年西武ライオンズとの日本シリーズは第2戦で九番、指名打者として先発するが、工藤公康の前に無安打、1四球に終わった。

1990年日本ハムファイターズへ移籍も、出場機会はなく翌1991年オフに現役引退。その後同球団の二軍コーチに就任、2004年まで在籍。

2005年から2006年までは中日ドラゴンズ二軍コーチ。2008年から四国・九州アイランドリーグ高知ファイティングドッグスコーチを2シーズン務めた。

2010年から関西独立リーグ神戸9クルーズのコーチに就任するも、同年に球団が解散。2011年からは、神戸の後継球団となる兵庫ブルーサンダーズのコーチに就任し、2013年より監督としてチームの指揮を執ることになった。チームの所属リーグの関西独立リーグからBASEBALL FIRST LEAGUEへの変更を挟み、2016年までの4シーズン指揮を執り、この間すべてのシーズンでリーグ戦優勝もしくはポストシーズンゲームへの進出を果たした。ポストシーズンは2014年まで2回続けて06BULLSに敗退(2014年はシーズン優勝とポストシーズン勝者の両チームを年間優勝認定。2015年はポストシーズンゲームなし)したが、2016年に初めて勝利を収めた。退任後に兵庫球団は、在任中の功績を称えて山﨑の背番号66をチームの永久欠番に指定した[1]

2017年より、出身県に新たに発足した和歌山ファイティングバーズの監督に就任[2]。初年度は最下位であったが、2年目となる2018年にリーグ戦優勝[3]および年間優勝[4]を達成した。

家族[編集]

長男、次男共に野球選手で左投手。長男は聖望学園時代に野手として甲子園に出場経験がある。後に國學院大學硬式野球部を経て、セガサミー硬式野球部に所属し、2015年11月引退。次男・山﨑福也(さちや)は日大三高から明治大学に進み、逸材としてプロ野球からも注目され[5]2014年のドラフト会議オリックス・バファローズから1位指名を受けた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1986 巨人 15 15 15 1 6 1 0 0 7 1 0 0 0 0 0 0 0 3 1 .400 .400 .467 .867
1987 22 21 20 2 6 3 0 0 9 6 0 0 0 0 1 0 0 7 1 .300 .333 .450 .783
1988 7 7 7 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .143 .143 .143 .286
通算:3年 44 43 42 3 13 4 0 0 17 7 0 0 0 0 1 0 0 11 2 .310 .326 .405 .731

記録[編集]

背番号[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 永久欠番について - 兵庫ブルーサンダーズ(2016年12月28日)
  2. ^ “田辺の新球団監督に山崎氏”. 紀伊民報. (2016年11月1日). http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=323561&p=more 2016年11月4日閲覧。 
  3. ^ “ファイティングバーズが優勝 野球独立リーグ”. 紀伊民報. (2018年9月28日). http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=358949 2018年9月29日閲覧。 
  4. ^ “野球独立リーグで和歌山優勝 CSで兵庫に逆転勝ち”. 紀伊民報. (2018年10月15日). http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=359799 2018年10月15日閲覧。 
  5. ^ 明大・山崎が今季初登板、今秋ドラフト注目でスカウト11人集結 サンケイスポーツ 2014年3月9日