山崎紗也夏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山崎 紗也夏(やまざき さやか、1974年8月1日[1] - )は、日本漫画家栃木県那須郡那珂川町(旧・小川町)出身。女性。夫は同じく漫画家の泉晴紀

ペンネームは、新人賞応募時は鈴木さやか、1993年デビュー時は沖さやか、 1999年から山崎さやか、2008年から山崎紗也夏へと、たびたび改名している。

経歴[編集]

  • 1993年 『ミス・キャスト』(鈴木さやか名義)で第28回ちばてつや賞 ヤング部門佳作受賞。同年9月『群青』(沖さやか名義、ヤングマガジンダッシュ掲載、『ラブ・ゾンビ』収録)でデビュー。
  • 1994年 『間宮という女』で『週刊ヤングサンデー』新人王受賞。『リアル・サマー』(ヤングマガジンダッシュ)掲載。
  • 1995年 『ななコング』(週刊ヤングサンデー)掲載。
  • 1996年 『マイナス』(週刊ヤングサンデー)掲載。
  • 1997年 『マザー・ルーシー』(週刊ヤングサンデー)掲載。『P-good』(ヤングサンデー増刊「大漫王」)掲載。
  • 1998年 『ラブ・ゾンビ』(ヤングサンデー増刊「大漫王」)掲載。『HIKARI』 (週刊ヤングマガジン)掲載。
  • 1999年 『フローズン』(週刊ヤングマガジン)掲載。ペンネームを山崎さやかに改名。『便所』(ビッグコミックスピリッツ)掲載。
  • 2000年 『主婦201号室』(別冊ヤングマガジン)掲載。
  • 2001年 『NANASE』(原作:筒井康隆『七瀬ふたたび』、別冊ヤングマガジン)掲載。『HOUSE』(九龍)掲載。『しょぼテン』(近代麻雀)掲載。『妹よ』(漫画アクション)掲載。
  • 2002年 『東京家族』(漫画アクション)掲載。
  • 2003年 『はるか17』(モーニング)掲載。
  • 2006年 『愚かの民』(ビッグコミックスピリッツ)掲載。ペンネーム山崎紗也夏で執筆。
  • 2008年 『シマシマ』(モーニング)掲載。『スカラベの時間』(A-ZERO)掲載。これ以後ペンネームを山崎紗也夏に統一。
  • 2010年 『ダーリンは55歳』(月刊IKKI)掲載。『欲望の朝』(スーパージャンプ)掲載。『レンアイ漫画家』(原案協力:西田大輔AND ENDLESS)、モーニング)掲載。
  • 2013年 『サイレーン』(モーニング)掲載。

作品一覧[編集]

映像化作品[編集]

テレビドラマ

関連人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 本人単行本『東京家族』1巻巻末折り返し 他