山川千秋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山川 千秋
生誕 1933年9月16日
日本の旗 日本東京都
死没 (1988-10-09) 1988年10月9日(55歳没)
日本の旗 日本神奈川県川崎市
教育 東京都立小山台高等学校
東京大学法学部教養学部
職業 ニュースキャスター解説委員
活動期間 1959年 - 1988年
代表経歴FNNニュースレポート23:00
FNNニュースレポート6:00
ニュース工場一本勝負
FNNモーニングコール

山川 千秋(やまかわ ちあき、1933年9月16日 - 1988年10月9日)は、フジテレビニュースキャスター東京都出身。

人物[編集]

  • 1970年代から80年代にかけてのフジテレビの報道部門を代表する存在となり、特に国際感覚に溢れたキャスターとして評価された。しかし次第に声がかすれるようになり、食道癌を患っていることが判明、1988年3月限りで担当番組を降板し治療に専念の為に聖マリアンナ医科大学病院に入院した。6月に手術を受けたが合併症を発症、同年9月30日付でフジテレビを定年退職し、それから間もない10月9日午前11時28分に同病院で息を引き取った(55歳没)。壮絶な闘病生活やキリスト教への入信などの様子は、山川の死後に妻との共著として出版された。
  • 山川は離婚歴があり、日本航空のスチュワーデス(山川穆子)との再婚後に二児を授かっている。このうち長男の山川冬樹は歌手でパフォーマンスアーティスト[1]1973年、特派員としてロンドン勤務中に誕生)であり、父が遺した音源を用いた作品も発表している。
  • 40代からを着用するようになった。自宅の寝室で寝るときを除いては、たとえ息子の目の前であっても外さなかったという。

現役時代の担当番組[編集]

期間 番組名 役職 備考
1977年4月4日 1979年9月28日 FNNニュースレポート23:00 キャスター
1979年10月1日 1984年1月23日 FNNニュースレポート6:00 俵孝太郎と入れ替わり
1986年4月2日 1987年3月31日 ニュース工場一本勝負
1987年4月1日 1988年2月 FNNモーニングコール 病気療養のため途中降板

著書[編集]

  • 『日本人が見えてくる本 ― テレビでは話せない、もう一つの日本人論(21世紀ブックス)』(1981年、主婦と生活社
  • 『山川千秋の「キャスター自画像」』(1981年、講談社
  • 『あなたは国際派それとも ― 国境と海からの証言』(1982年、集英社
  • 『死は「終り」ではない 山川千秋・ガンとの闘い一八〇日』(1989年、文藝春秋。妻・穆子との共著)

参考文献[編集]

  • 『現代日本人名録』日刊アソシエーツ
先代:
-
FNNニュースレポート23:00
男性メインキャスター
初代(1977年1979年
次代:
俵孝太郎(1979年~1987年