山川泰邦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山川 泰邦
やまかわ たいほう
山川泰邦.jpg
1960年代、立法院議員時代。
生年月日 1908年8月8日
出生地 沖縄県国頭郡本部町
没年月日 (1991-05-04) 1991年5月4日(82歳没)
称号 勲四等旭日小綬章
配偶者 妻・山川博子

日本の旗 第8代立法院 (琉球)議長
在任期間 1967年5月12日 - 1968年11月30日

在任期間 1953年9月1日 - 1957年

在任期間 1952年9月22日 - 1953年

日本の旗 警察部教養課長
警察学校長(兼任)
在任期間 1951年1月20日 - 1952年
テンプレートを表示

山川泰邦(やまかわ やすくに(たいほう)、1908年明治41年)8月8日 - 1991年平成3年)5月4日)は、琉球政府および沖縄県政治家教育者警察官である。1958年(昭和33年)からは立法院議員に5期連続で当選し、1967年(昭和42年)からは立法院議長を務めた。

経歴[編集]

1908年8月8日沖縄県国頭郡本部町に生まれる。1934年(昭和9年)に警察官を拝命し、太平洋戦争アメリカ軍の反攻が本格化し始めた1944年(昭和19年)においては、那覇警察署副署長の務めとして、学童、老幼婦女子の疎開に尽力した[1]

沖縄戦後は、琉球警察学校の校長(1951年)、本部町石川市(現在はうるま市)、前原市(現在はうるま市)、那覇市の各警察署長を歴任した。1953年(昭和28年)には琉球政府比嘉秀平初代行政主席の要請を受けて、琉球政府社会局長に就任し、福祉三法、労働三法、援護法などの実施に取り組み、援護業務などに携わった。1958年(昭和33年)からは立法院議員に転身し、1967年(昭和42年)からは立法院議長を務めた[2]

その後、1970年国政参加選挙自由民主党公認)と1972年第33回衆議院議員総選挙無所属)にも出馬したが、落選した。

著書[編集]

  • 『秘録 沖縄戦記』(新星出版)
  • 『我が回顧録とスピーチ』(セントラル印刷)
  • 『秘録 沖縄戦記』(読売新聞社
  • 『秘録 沖縄戦史』(沖縄グラフ社)

出典[編集]

  1. ^ 山川泰邦『我が回顧録とスピーチ』(セントラル印刷)2015年4月28日閲覧
  2. ^ 山川泰邦『秘録 沖縄戦記』(新星出版)2012年11月21日閲覧

関連項目[編集]

関連人物[編集]