山州 (唐)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山州(さんしゅう)は、唐代にかつて存在した

ベトナムの山州[編集]

本節では現在のベトナムタインホア省南西部に設置された山州について述べる。

622年武徳5年)、唐によりの隆安県の地に山州が立てられた。岡山・真潤・古安・西安・建初の5県を管轄した。627年貞観元年)、山州は廃止され、属県は愛州に編入された[1]

広西の山州[編集]

本節では現在の広西チワン族自治区博白県合浦県にまたがる地域に設置された山州について述べる。

山州の設置年代は定かではない。742年天宝元年)、山州は竜池郡と改称された。758年乾元元年)、竜池郡は山州の称にもどされた。山州は嶺南道の邕管十州に属し、竜池盆山の2県を管轄した[1]805年永貞元年)、山州は廃止された[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b 旧唐書』地理志四
  2. ^ 新唐書』地理志七上