山形清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山形 清(やまがた きよし、1893年明治26年)9月10日 - 1991年平成3年)2月23日[1])は、日本外交官

経歴・人物[編集]

茨城県出身。第一高等学校及び東京帝国大学卒業後、大蔵省を経て外務省に入省した。複数の海軍軍縮会議随員、ベネズエラ及びコロンビア初代公使[2]チリ公使、パキスタン初代大使などを歴任した。

主要著作[編集]

  • 『海軍軍縮交渉・不戦条約』(鹿島平和研究所編『日本外交史』第16巻、鹿島研究所出版会)1973年

脚注[編集]

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、1284頁。
  2. ^ 「ヴェネズェラ、コロンビアといよいよ通商交渉 山形公使赴任の途へ」中外商業新報 1938年(昭和13年)6月24日 神戸大学附属図書館新聞記事文庫