山形県道25号寒河江村山線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
主要地方道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
山形県道25号標識
山形県道25号 寒河江村山線
主要地方道 寒河江村山線
起点 寒河江市本町
県道23号交点【地図
終点 村山市楯岡晦日町
県道29号交点【地図
接続する
主な道路
(記法)
Japanese National Route Sign 0112.svg 国道112号
Japanese National Route Sign 0287.svg 国道287号
Japanese National Route Sign 0347.svg 国道347号
E13 東北中央自動車道
Japanese National Route Sign 0013.svg 国道13号
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路

山形県道25号寒河江村山線(やまがたけんどう25ごう さがえむらやません)は、山形県寒河江市から山形県村山市に至る県道主要地方道)である。

東根市長瀞付近

概要[編集]

路線データ[編集]

歴史[編集]

路線状況[編集]

通称・愛称[編集]

  • 西部街道
  • ひな市通り(西村山郡河北町)
    河北町道所岡東線交差点 - 町道所岡北口交差点間、0.45 km区間の通りの愛称[3]。1986年(昭和61年)8月10日に、旧建設省と「道の日」実行委員会により制定された「日本の道100選」にも選定されている[4]。安土桃山時代の武将白鳥長久が月六斎と称する市を設置させたといわれ、明治後期まで続いていた毎月2日と6日に行われていた二・六市のうち、今もなお唯一継承されて続いている4月2日の「ひな市」が行われることに由来する[3]。毎年4月2日・3日の両日に催される谷地ひなまつりの際には、県内の宝庫ともいわれる時代雛が一般公開されて、街路には露店が並び県内外からの観光客で賑わう[3]

重複区間[編集]

橋梁[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

沿道の施設など[編集]

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 「日本の道100選」研究会『日本の道100選〈新版〉』国土交通省道路局(監修)、ぎょうせい、2002年6月20日。ISBN 4-324-06810-0。

関連項目[編集]