山本マサユキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

山本 マサユキ(やまもと マサユキ、1968年1月28日 - )は、日本漫画家。本名・山本昌幸。神奈川県横浜市出身。東京都板橋区在住

2000年に『ガタピシ車でいこう!!』でデビュー。エンスージアスト(自動車の愛好家)であり、旧車を題材にした作品を多数執筆している。現在の愛車はFIAT PANDAで、今までにFIAT 500L三菱 JEEP J36RENAULT 4などに乗っており、大のレストア好きでもある。2006年より、専属契約からフリーになり、現在も執筆活動中。

来歴[編集]

1999年10月ヤンマガ月間賞佳作入選をきっかけに12月増刊号ヤングマガジンGT(クルマ増刊)ガタピシ車でいこう!!で漫画家デビュー。ヤンマガ連載終了後も「ガタピシ車」はクルマ雑誌、WEBマンガ等で執筆中。ヤンマガ月間賞入選以前はアフタヌーン四季賞佳作(1998年夏・1999年秋・2000年春)

人物[編集]

  • 東京デザイナー学院職員、グラフィックデザイナー、吹き付け塗装工、壁画描き、PCインストラクター、固定資産税調査員[1]、等を経て32歳でデビュー
  • 30歳の時塗装会社が倒産したのを期に漫画家を目指す(Webガタピシ車漫画家デビューまでの道のり)[2]
  • 2017年よりは自作したフォトスタジオ「イセッタスタジオ」を管理運営。名称はイセッタスタジオだがスタジオ内に展示されているのはメッサーシュミットKR200である
  • 現在は[いつ?]FIATPANDA、BMWR90/6、ISETTA300、メッサーシュミットKR200、ピアジオチャオ、を所有

作品一覧[編集]

連載中[編集]

  • Webガタピシ車

連載終了[編集]

  • ガタピシ車でいこう!!週刊ヤングマガジン、全4巻)
  • ガタピシ車でいこう!! 迷走編(週刊ヤングマガジン、全4巻)
  • ガタピシ車でいこう!! 暴走編(週刊ヤングマガジン、全4巻)
  • 六本木リサイクルショップシーサー(週刊ヤングマガジン、単巻)
  • ヘブンズ・ドライブ(オースーパージャンプ、単巻)
  • 妹あいどる(別冊ヤングマガジン、単巻)
  • 痛車でいこう!!(週刊ヤングマガジン、単巻)
  • 奇食ハンター(ガタピシ車でいこう!!暴食編)(週刊ヤングマガジン、全5巻)
  • タチコマなヒビ月刊ヤングマガジンマンガボックス
  • ロジコマンガ(月刊ヤングマガジン)
  • ライフ・オブ・セブンスリット(ジープイラストレイテッド)
  • ガタピシXでいこう!(ニューモデルマガジンX) 2013/7〜2014/7
  • ムック)コダワリ中古車GET!! シリーズ ※ムックのため漫画数ページと一部イラストを担当。
  • JEEPLIFE(桜花出版)2015/11~2016/11
  • うずらのカフェで会いましょう (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) 2016/5〜2017/3
  • ガタピシ車でコネクト!(マンガコネクト)2018/8〜2019/4
  • 日本裏迷車道(ベストカー)

その他[編集]

  • ジムニーで行こう!(ジムニープラス)
  • 姫ウズラの飼育日記(プロスタッフ)
  • ガタピシ内燃機vol.1~2(モーターマガジン)
  • エンスー天国1、2
  • 痛車倶楽部1、2
  • GGイラスト(GG)
  • ちょっと古いフランス車(VAVI)
  • 高機動車(NAVICARS)
  • 攻殻機動隊入門 あらいずTOKYO MX)第4回から第13回まで『ロジコマンガ』を原案としたショートアニメが全10回放送された。

映像化電子書籍[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Amazon.co.jp: 山本 マサユキ:作品一覧、著者略歴”. www.amazon.co.jp. 2019年5月9日閲覧。
  2. ^ 山本マサユキ5/12ティアB27a (2016年12月1日). “漫画家デビューまでの道のり・・・実は会社が潰れて路頭に迷ったついでに30歳過ぎてから漫画家目指しました。pic.twitter.com/jmPl5aCbhp” (日本語). @himepiyo. 2019年5月9日閲覧。