山本健之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山本 健之
YAMAMOTO Kenji
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1970-02-12) 1970年2月12日(49歳)
出身地 広島県広島市安佐南区
ラテン文字 YAMAMOTO Kenji
身長 168cm
選手情報
所属 日本体育大学
役職 部長
ポジション リベロ
テンプレートを表示

山本 健之(やまもと けんじ、1970年2月12日 - )は、日本の元男子バレーボール選手、現指導者。広島県広島市安佐南区出身。元バレーボール全日本男子代表。

来歴[編集]

小学校4年次からバレーボールを始める。1985年、県バレーの強豪・広島工業大学附属工業高校(現広島工業大学高等学校)に入学。1988年、日本体育大学に進学、1990年インカレ優勝に貢献。

その後日本たばこ産業に入社、JTバレーボール部(JTサンダーズ)に入部。小柄ながらレシーブ全般が得意で、リベロ制度ができる前からレシーバーとして活躍した。1994年Vリーグ開幕以降も、リベロとして引き続きチームに在籍した。

一方、1994年全日本に選ばれ、同年ワールドリーグ同年世界選手権に出場。

2001年、黒鷲旗制覇に貢献。2002/03シーズンにはベストリベロ賞初受賞[1]。この活躍から再び全日本に選出され、2001年アジア選手権、2002年アジア大会2003年ワールドリーグに出場した。

2005年6月に現役引退、その後は社業に専念[2]

2009年に母校の日本体育大学男子バレー部監督に就任[3]、同年度全日本インカレ3位の成績をおさめた。現在は同校体育学部准教授、男女バレーボール部々長[4]

2011年、監督として全日本インカレ準優勝に導く。

2015年、第28回ユニバーシアード(光州大会)では監督を務めた[5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本バレーボール協会公式. “第9回Vリーグ男子最終結果”. 2009年8月22日閲覧。
  2. ^ JTサンダーズ公式 (2005年6月). “山本健之選手と新川義雄マネージャーが勇退”. 2009年8月22日閲覧。
  3. ^ 月刊バレーボール 2010年2月号 116ページ
  4. ^ 日本体育大学女子バレーボール部. “メンバー紹介”. 2012年6月22日閲覧。
  5. ^ バレーボール(男子) - JOC